年内を目処に商品化予定

パナソニック、デジタル一眼カメラ「LUMIX Gシリーズ」で3D撮影可能な交換レンズを発表

ファイル・ウェブ編集部
2010年07月28日
パナソニック(株)は、デジタル一眼カメラ「LUMIX Gシリーズ」で3D撮影ができる交換レンズを発表。年内を目処に商品化を進めていることを明らかにした。

「LUMIX Gシリーズ」向け3D撮影レンズ

製品発表会に参考展示されていた実機

本レンズは、レンズマウント径内に2つの光学系を搭載。左右のレンズでステレオ画面を構成し、3D用に画像処理することで立体写真や立体映像の撮影が可能になるというものだ。同社の光学技術や画像処理・鏡筒設計技術を採用し、非常にコンパクトなサイズを実現しているとのこと。

横から見たところ

特別なカメラでなくても3D撮影ができるのは大きなメリット。さらに、近い距離の被写体でも目に負担の少ない3D撮影が可能なほか、動く被写体でも形状歪みや左右画像の時間差なく撮影できるという。

なお、本レンズに対応する「LUMIX Gシリーズ」の対応機種は未定となっている。また、発表された製品画像および本日の製品発表会に参考出展されていたものは単焦点モデルだったが、ズーム対応にするかどうかなども含めて現在は仕様を検討している段階だという。

関連記事