2,500ルーメンの高輝度仕様

ベンキュー、HQV搭載のフルHD DLPプロジェクター「W6000」を発売

ファイル・ウェブ編集部
2010年07月02日
ベンキュージャパン(株)は、フルHD解像度のDLPプロジェクター「W6000」を7月9日に発売する。価格はオープンだが298,000円前後での販売が予想される。

「W6000」

HDMI端子を2系統装備

2,500ルーメンという高輝度、5万対1の高コントラストを実現。また、高画質技術「HQV」も搭載している。

カラーホイールは6色で、中間色の再現性を高める「BrilliantColor」や、赤と青の輝度を約15%下げて高画質化する「VIDI」技術も採用している。

光学式レンズシフト機能も備えており、シフト範囲は上下120%、左右40%。

HDMI Ver1.3端子を2系統装備。エコノミーモード時の運転音が29dBと、静音性能を高めている点にも注目だ。
新着記事を見る
  • ジャンルDLPプロジェクター
  • ブランドBENQ
  • 型番W6000
  • 発売日2010年7月9日
  • 価格¥OPEN(予想実売価格298,000円前後)

関連記事