「AirStudio」エンジニアとコラボした高音質モデル

パイオニア、iPodデジタル入力対応のミュージックレシーバー「PDX-Z10」を発売

Phile-web編集部
2009年04月16日
パイオニア(株)は、iPodのデジタル入力にも対応するマルチミュージックレシーバー「PDX-Z10」を5月下旬より発売する。価格は150,000円(税込)。


PDX-Z10

PDX-Z10のリモコン
「Ai rStudio」エンジニアとコラボしてサウンドチューニングを施したミュージックレシーバー。新開発のPWM(Pulse Width Modulation)プロセッサーを使用したフルデジタルアンプを搭載。パラレルBTLアンプ構造を採用し、高純度な信号再生とキレのよいサウンドを実現する。また、ジッターを低減する「サンプリングレートコンバーター」も搭載しており、音質の低下を防ぎディテールまで精緻に再生することが可能だという。

再生可能なディスクはSACD、CD、CD-R/-RWに保存したMP3/WMA。またUSB端子を備えており、USBメモリなどに保存したWMA/MP3/MPEG-4 AAC/WAV/FLACを再生することができる。

なおこのUSB端子はiPodからデジタル入力が可能。音の入り口から出口までフルデジタル処理することで、高品位なサウンドを楽しむことが可能だ。

さらに、CDなど非圧縮デジタル音源をアップコンバートする新機能「ハイサンプリングモード」に加え、圧縮音源を補間する同社独自の音質補正技術「アドバンスド・サウンドレトリバー」も搭載。圧縮時に失われたデータを補間し、20kHzに迫る広帯域化も可能で、音の厚みや奥行きあるサウンドを楽しめる。

ネットワーク機能も搭載。LAN端子を備え、DLNAでPC内の音楽ファイルやインターネットラジオを楽しめるほか、別売のBluetoothアダプター「AS-BT100」を使用し、携帯電話やDAPなどの音楽ファイルをワイヤレスで楽しむこともできる。「AS-BT100」の価格はオープンだが、10,000円前後で販売される見込み。


Bluetoothアダプター「AS-BT100」
電源コードはインレットタイプの極太ケーブルを使用。高剛性ハニカムシャーシ構造の筐体と新開発の「MPM(Minimum Point Mechanism)」インシュレーターを採用し不要ノイズを低減させるなど、ボディやアクセサリーでの高音質化対策も講じられている。

そのほか、日本語表示対応のフルドット有機ELディスプレイを搭載しているほか、操作系には静電タッチセンサーを採用しフラットでシンプルなデザインを実現している。

【問い合わせ先】
パイオニア(株)
カスタマーサポートセンター
TEL/0120-944-222

関連リンク

新着記事を見る
  • ジャンルハイコンポ
  • ブランドPIONEER
  • 型番PDX-Z10
  • 発売日2009年5月下旬
  • 価格¥150,000(税込)
  • ジャンルその他
  • ブランドPIONEER
  • 型番AS-BT100
  • 発売日2009年5月下旬
  • 価格¥OPEN(予想実売価格10,000円前後)

関連記事