どこよりも早いクオリティチェック付き

【レビュー有】パイオニア、AirPlay/ネットオーディオ/iOSアプリ操作対応のAVアンプ「VSA-1021」など3機種を発売

ファイル・ウェブ編集部

前のページ 1 2 3 次のページ

2011年04月26日
パイオニア(株)は、ネットオーディオやAirPlayなどに対応したミドルクラスAVアンプ「VSA-1021」「VSA-921」とエントリーモデルの「VSX-821」を5月下旬より発売する。また同日、GUIや操作項目を増やしたiOSアプリ「iControlAV2」と、Bluetooth経由で曲を共有して楽しめるiOSアプリ「AirJam」(共に無料)もiTunes storeにてリリースされる。

VSA-921

VSX-821


新モデル3機種のコンセプト
なおファイル・ウェブでは今回、発売に先駆けて「VSA-921」を入手。どこよりも早いクオリティチェックを行うことができた。こちらも併せてご覧いただきたい。
海上忍が操作性をチェック
高橋敦が音質をチェック

-----
■VSA-1021 ¥108,000(税込)
■VSA-921 ¥84,000(税込)

VSA-1021

VSA-1021の背面部

VSA-1021のフィーチャー


VSA-921

VSA-921の背面部

VSA-921のフィーチャー
多彩な機能を備えた7.1ch AVアンプ。定格出力は両機とも100W/ch。HDMI端子は3D映像パススルーやARCに対応しており、1021が6入力1出力、921が4入力1出力を備える。

DLNA 1.5に対応し、PCやNAS内の音楽データをネットワーク経由で楽しめるのが特徴のひとつ。別売の無線LANアダプター「AS-WL300」(予想実売価格10,800円前後)も新たに用意された。著作権保護のかかっていないMP3、MPEG-4 AAC、WMA、WAV(1021は192/24まで、921は96/24まで)、FLAC(ともに96/24まで)などの再生が可能だ。Windows Media Player 12からのリモート再生もできる。ただしWindows7認証は取得していないとのこと。

また、AirPlayにも対応し、iTunesライブラリ内の音楽をネットワーク経由で再生することが可能。AVアンプのボリュームをiTunes側から操作したりといった使い方もできる。

AirPlayにも対応

さらに、AVアンプとしてはじめてMade for iPad認証を取得。iPod/iPhoneに加えiPadのデジタル接続に対応。iPadの充電も可能になった。

iPodなどの接続用ケーブル。iPad向けの2.1A充電に対応したため前モデルより太くなった

インターネットラジオはポータルサイト「vTuner」が利用可能になったほか、放送局を63局登録することができる。

iOSアプリを使った新しい使い方提案として、「iControlAV2」と「AirJam」も用意される。

前者は昨年登場した「iControlAV」が進化した操作アプリで、iPhone/iPod touch向けに加え、iPadネイティブアプリも登場した。iControlAV2 for iPadではiControlAVのCONTROL、PRECISION、EMPHASIS、BALANCEの4つのアプリケーションを1画面に表示可能。GUIがよりグラフィカルに進化したことに加え、指で動かしてイコライジングができる「フィンガーEQ」やMCACCの結果表示、ホームメディアギャラリー内のファイル表示といった新たな機能も追加された。

iControlAV2 for iPad

ホームメディアギャラリー内のファイル表示も可能


指で動かしてイコライジングができる「フィンガーEQ」

iPhone向けの「iControlAV2」
このように進化した分、既に発売中のモデルではiControlAV2の使用はできない。また今後発売されるモデルでは、iControlAVは使用不可となる。

後者はBluetooth経由で最大4台までのiPod touch/iPhone/iPadをワイヤレス接続し、お互いの楽曲情報を共有したり聴いたりすることができるというもの。共有した曲の履歴をもとにiTunesで曲を購入したり、YouTubeで関連動画を検索・視聴することも可能だ。

Air Jamの詳細

最大4台のiPod touch/iPhone/iPadの曲を共有できる

共有した曲の履歴を閲覧することも可能


Air Jamで共有されている曲はこのようにリストで表示される

共有履歴をもとにiTunesで曲を購入したりできる

AirJamを利用する際は、専用アプリ「AirJam」のダウンロードに加え、新たに発売されるBluetoothアダプター「AS-BT200」(予想実売価格9,800円前後)が必要。昨年から発売中の既発売モデル「AS-BT100」ではAirJamの利用はできない。

AS-BT200

音質面では、全chに192kHz/24bit DACを搭載。さらに全chに同一クオリティのディスクリートアンプを採用している。

そのほかHDMI伝送時のジッターを低減する「PQLSビットストリーム」に対応。マルチチャンネル再生時に、アンプ内で生じる低音ズレに加え、ソースに由来する低音ズレまで手動補正できる「フェイズコントロールPLUS」を新たに搭載した。また、圧縮音源を補間するサウンドレトリバーが進化した「オートサウンドレトリバー」を搭載。音楽信号の転送レートとフォーマットを自動的に解析して補間でき、特に低い転送レートの音源で効果を発揮するという。

また、筐体のデザインも「ダイレクトエナジー デザイン」思想に基づいた新たなものに変更。横幅が435mmとやや大きくなったほか、剛性を高めた構造に変更されたという。さらに、アナログ/デジタル回路の独立電源を採用し、デジタル回路と電源は分離。アナログ回路へのノイズ混入を防ぐことに加え、スタンバイ時の省電力化も実現したという。なお両機の消費電力は550Wで、待機時消費電力は0.2W(コントロール機能オフ時)。

筐体は外観も内部もデザインが変更された

デジタル回路とアナログ回路の電源をそれぞれ独立に設けた

操作をサポートする機能として「AVナビゲーター」機能も搭載。こちらは同梱されるソフトをPC(対応OSはWindows XP/Vista/7)にインストールして利用する。手持ちの機器や環境についての情報、組みたいサラウンドシステムについて質問に答える形式で選んでゆくと、配線の仕方を図解してくれるというもの。そのほか取扱説明書と本体操作を連動させられる「取説連動」、部屋の音場測定結果を図示してくれる「MCACCアプリ」もこちらから利用することができる。利用にはAVアンプとPCを同一LAN内に入れることが必要。

AVナビゲーターは接続ナビ、取説連動、MCACCアプリなどから構成される

接続ナビのフローチャート


質問に答えていくと最適な配線方法を図解してくれる

取説連動の詳細
そのほか、MCACCで測定された視聴距離と接続されたディスプレイタイプに合わせた映像を自動調整するアドバンスド ビデオアジャスト機能、オートパワーオフ機能も備える。

■VSX-821 ¥49,800(税込)


VSX-821

VSX-821の背面部

VSX-821のフィーチャー
エントリー向けの5.1ch AVアンプ。本機はLAN端子を搭載しておらず、ネットオーディオには非対応。AirPlay、iControlAV2、AirJam、AVナビゲーターの利用もできない。


VSX-821
定格出力は95W/chで、5chアンプ同時出力能力の向上が図られたという。HDMIは4入力1系統を備える。

iPodなどのデジタル接続や、USBメモリから著作権保護のかかっていないMP3、WMA、MPEG-4 AACの再生ができる(最大48kHz/16bitまで)。Bluetoothアダプターを接続して携帯電話やスマートフォン内の音源を聴くことも可能。Bluetooth経由で聴く音を補間する「サウンドレトリバーAIR」機能も備えている。

また、本機のみFM/AMラジオチューナーを搭載。HDMIスタンバイスルー機能やオートパワーオフ機能は上位2モデルと同様用意されている。

ファイル・ウェブ最速レビュー「VSA-921」
海上忍が操作性をチェック
高橋敦が音質をチェック

海上忍が操作性をチェック

前のページ 1 2 3 次のページ

新着記事を見る
  • ジャンルAVアンプ
  • ブランドPIONEER
  • 型番VSA-1021
  • 発売日2011年5月下旬
  • 価格¥108,000(税込)
【SPEC】●定格出力:100W/ch ●周波数特性:5Hz〜100kHz(+0dB/-3dB) ●HDMI端子:6入力/1出力 ●音声入力端子:光デジタル×2、同軸デジタル×2、オーディオ×2、オーディオ(AV系)×4 ●映像入力端子:コンポジット×5、コンポーネント×2 ●音声出力端子:サブウーファープリアウト×1、オーディオ×1、オーディオ(AV系)×1 ●映像出力端子:コンポジット×1、コンポーネント×1 ●その他端子:USB、LAN×1、IR入出力、SR入出力、マルチゾーン端子(音声、映像)、Bluetoothアダプターポート ●消費電力:550W ●待機時消費電力:0.2W(コントロール機能オフ時) ●外形寸法:435W×168H×362.5Dmm ●質量:10.0kg
  • ジャンルAVアンプ
  • ブランドPIONEER
  • 型番VSA-921
  • 発売日2011年5月下旬
  • 価格¥84,000(税込)
【SPEC】●定格出力:100W/ch ●周波数特性:5Hz〜100kHz(+0dB/-3dB) ●HDMI端子:4入力/1出力 ●音声入力端子:光デジタル×2、同軸デジタル×1、オーディオ×2、オーディオ(AV系)×5 ●映像入力端子:コンポジット×5、コンポーネント×2 ●音声出力端子:サブウーファープリアウト×1、オーディオ×1、オーディオ(AV系)×1 ●映像出力端子:コンポジット×1、コンポーネント×1 ●その他端子:USB、LAN×1、IR入出力、SR入出力、マルチゾーン端子(音声)、Bluetoothアダプターポート ●消費電力:550W ●待機時消費電力:0.2W(コントロール機能オフ時) ●外形寸法:435W×168H×362.5Dmm ●質量:9.9kg
  • ジャンルAVアンプ
  • ブランドPIONEER
  • 型番VSX-821
  • 発売日2011年5月下旬
  • 価格¥49,800(税込)
【SPEC】●定格出力:95W/ch ●周波数特性:5Hz〜100kHz(+0dB/-3dB) ●HDMI端子:4入力/1出力 ●音声入力端子:光デジタル×2、同軸デジタル×1、オーディオ×2、オーディオ(AV系)×5 ●映像入力端子:コンポジット×5、コンポーネント×2 ●音声出力端子:サブウーファープリアウト×1、サラウンドバック/フロントハイト×1、オーディオ×1、オーディオ(AV系)×1 ●映像出力端子:コンポジット×1、コンポーネント×1 ●その他端子:USB、Bluetoothアダプターポート ●消費電力:415W ●待機時消費電力:0.4W(コントロール機能オフ時) ●外形寸法:435W×168H×362.5Dmm ●質量:9.2kg

関連記事