FPD International 2008レポート

サムスン、40V型有機ELテレビや最薄部7.9mm液晶テレビなど出展/3Dディスプレイ多数登場

Phile-web編集部

前のページ 1 2 3 次のページ

2008年10月29日
フラットパネルディスプレイの総合展示会「FPD International 2008」が本日開幕した。会場はパシフィコ横浜で、会期は31日までの3日間。各社のさまざまな技術展示が行われている本ショーの様子をお伝えしよう。

■サムスン電子

最薄部7.9mmの40V型液晶テレビ

斜め横から見たところ。上部のでっぱりにチューナーやスピーカーが収められているとのこと

サムスンのブースでは、最薄部7.9mmの40V型液晶テレビが展示されている。展示されたプロダクトモデルは、チューナーもスピーカーも本体背面に内蔵しているとのこと。解像度はフルHDで、バックライトにはLEDを使用している。また、最薄部9.8mmの52V型液晶テレビも登場。こちらもバックライトはLEDで、解像度はフルHD、輝度450カンデラ、コントラスト比は5,000対1となっている。

こちらは最薄部9.8mmの52V型液晶テレビ

ブースにはそのほかにも世界最大となる40V型を筆頭とした有機ELテレビや、メガネ無し/有りの3Dディスプレイなどがずらりと揃っている。

メガネ無しで立体視可能な3Dディスプレイ

40V/31V/14V型有機ELテレビ

■篠田プラズマ

篠田プラズマは、同社が籍を置く神戸市と共同でブースを出展している。

大画面フィルム型ディスプレイ「シプラ」

目玉はなんと言っても同社独自開発のPTA(プラズマチューブアレイ)方式による大画面フィルム型ディスプレイ「シプラ」。幅3m×高さ1m、125型の大画面ながら、表示部の厚さは1m、質量3.6kgと非常に軽量だ。画素数は960×360となる。

「シプラ」に投入された技術


今回展示されているのは、従来のシプラの改良版。ガラスチューブ内のプラズマを改良することで輝度ムラを低減させたという。すでに本製品はサンプル出荷を開始しているが、来年春からは業務用として発売を予定しているとのことだ。


■シャープ

シャープからは、フルHD映像のアップコンバート機能を搭載した4K2Kディスプレイなどが出品されている。

フルHD映像を4K映像にアプコンする機能を搭載した4K2Kディスプレイ

液晶の透過率を高め低消費電力を実現した製品

4K2Kディスプレイ自体は既に発表されたものと同様。画面をブロック分割し、フルHD映像の画素を4倍にアップコンバートする機能を備えたところが新しいトピックだ。アップコンバートの応答速度も速く、動画の映写にも十分対応できるとのこと。

RGB LEDを搭載した「X」シリーズも登場

108V型の「LB-1085」が存在感を放っていた

また、液晶の透過率を高めることで消費電力を削減した新ASV液晶も登場した。こちらは液晶画素内の格子部分を改良したほか、ガラスなどの部品や設計を最適化。同型の従来製品と比較し約半分の消費電力を実現している。本製品はまだ参考出展だが、同社説明員によれば「1年以内には製品化したいと考えている」とのことだ。

OCB液晶を利用した3Dディスプレイ/低消費電力なIPSαディスプレイが登場

前のページ 1 2 3 次のページ

関連リンク

関連記事