<Display 2007>ソニーが27V型有機ELを国内初公開 − 120フレーム表示の新SXRDも

2007年04月11日
本日から11日まで3日間、東京ビッグサイトでフラットパネルディスプレイの総合展示会「Display 2007」が開催されている。ここでは、AVファンになじみの深いメーカーを中心に、その出展内容を紹介していこう。

■ソニー

有機ELの前は黒山の人だかり

ソニーブースは、何と言っても有機ELディスプレイが話題の中心。大きなスペースを使って多数のディスプレイを置いていたが、群がる人々があまりに多く、容易に近づけないほどの注目ぶりだった。

展示していたのは27V型フルHDモデルと11V型1,024×600モデルの2機種で、いずれも今年1月のCESで展示していたものと同じ(関連ニュース)。国内で披露するのは今回が初めてとのこと。

27V型のフルHD有機ELディスプレイ

同じく11V型ディスプレイ

27V型試作機を横から見たところ。その薄さに驚く

コントラスト比は100万対1で、輝度は全白で200cd/m2、ピーク時で600cd/m2を実現している。展示スペースの横には、今回の試作機を実現した技術が紹介されており、「ソニー独自の“Super Top Emission”技術は、トップエミッション構造、マイクロキャビティー構造、カラーフィルターの3つの技術を組み合わせて、有機ELの特徴を最大限に引き出している」と書かれていた。

試作した有機ELディスプレイの構造


なお27V型、11V型とも参考出品とされており、発売時期は未定と表記されていたが、同社説明員によると「量産に向けた準備を進めている」とのこと。商品化が非常に楽しみだ。

また同社ブースには、SXRDの新開発品として、秒間120フレーム表示に対応したフルHDの0.61型パネルも展示されていた。同社のSXRDプロジェクターやプロジェクションテレビには0.61型のデバイスが搭載されているが、これまでは60フレームまでの対応だった。今回駆動回路を変更し、パネルを最適化することで120フレーム表示に対応。今後、0.61型は順次この120フレーム対応品に置き換えていくとのことなので、120フレーム表示が可能なプロジェクターやプロジェクションテレビが近いうちに登場することが予想される。

120フレーム表示に対応した0.61型SXRDパネル

さらに同社ブースには、LEDバックライトを搭載した70V型液晶テレビ「KDL-70XBR3」(北米モデル)や、発表されたばかりのBRAVIA“Jシリーズ”なども展示していた。

70V型液晶テレビ「KDL-70XBR3」(北米モデル)

BRAVIA“Jシリーズ”はネットワーク機能をデモ

■パナソニック

パナソニックブースは、昨日発表されたばかりの“ヒューマンビエラ”PZ700SKシリーズなどを早くも展示。中でも、42V型でフルHDを実現した「TH-42PZ700SK」には、多くの来場者が足を止めていた。また、103V型のプラズマテレビ“VIERA”も展示されるなど、民生機中心の展開だった。

発売されたばかりの“ヒューマンビエラ”PZ700SKシリーズ

103V型モデルも展示

42V型フルHD PDPをスタジオモニターとして使用する提案も行っていた

■パイオニア

パイオニアブースでは、4月に発表されたばかりのプラズマテレビ「PDP-A507HX」「PDP-A427HX」を展示。設置している部屋の照明を明るくしても、「新ダイレクトフィルター」の効果で鮮明な映像が楽しめることをアピールしていた。ほかに、PDP-5000EXやPDP-507HXと他社製の液晶テレビを使い、プラズマの動画解像度の高さを訴求するデモも行っていた。

同社従来製品と新プラズマテレビの比較デモ

動画解像度を液晶テレビと比べるデモンストレーション

■FUTABA

双葉電子工業(FUTABA)ブースでは、様々なサイズ・解像度のFED(Field Emission Display)が展示されていた。すべて業務用のもので、車載用や放送設備用には既に供給を始めているという。輝度は製品によって異なるが、300cd/m2から500cd/m2を実現している。

FUTABAが開発したFED

様々なサイズ・解像度のFEDが置かれていた

同社に民生用への展開を尋ねたところ、「将来的に進出を考えている」という。ただし「民生用では解像度など、求められる性能が業務用とは異なる」とのことで、展開には時間がかかりそうだ。

■エプソン

エプソンは多種多様な小型液晶デバイスを展示。「超高精細低温ポリシリコン液晶」は、その名のとおり高い解像度を実現。サイズは非常に小さいが、解像度は白黒で1,700ppi、カラーで800ppiを達成している。また、「超高視野角技術」を採用したアモルファスシリコン液晶は、上下左右で180度の視野角を実現。デジカメなどへの搭載を見込む。

また、3D液晶を搭載した3Dテレビ電話も公開。2台を横に並べ、リアルタイムで3D表示するデモが行われていた。画面サイズは2.2型、解像度は320×240。

超高精細低温ポリシリコン液晶

3D液晶を搭載した3Dテレビ電話の試作機

■三菱電機

三菱電機は、屋外用の超高輝度LCDをメインに展示。輝度は1,500cd/m2で、VGAモデルは10.4/12.1型を、XGAモデルは12.1/15.0型を訴求していた。さらに、ワイドタイプのLCDもアピール。800×480、1,280×800の2種類の解像度を用意し、画面サイズも様々なものが展示されていた。

屋外でも視認性が高い1,500カンデラの液晶モニター

ワイドアスペクトの液晶パネルもアピール

(Phile-web編集部)

関連リンク

関連記事