ケンウッド、3マイクを搭載したリニアPCMレコーダー“Media Keg”を発売

2008年01月30日

MGR-A7(ブラック/レッド)
(株)ケンウッドは、3マイク3モード録音を採用したデジタルオーディオレコーダー“Media Keg”「MGR-A7」を2月上旬より発売する。価格はオープンだが35,000円前後での販売が予想される。

本機は、同社デジタルオーディオプレーヤーと同じ“Media Keg”の名を冠したオーディオレコーダー。録音形式は、リニアPCM(44.1kHz/48 kHz、16bit)とWMAに対応する。記録媒体は、2GBの内蔵メモリーとSDHC/SDカード。

周波数特性と感度に優れた、エレクトレット・コンデンサー型の高性能3マイクを搭載。高い録音品質を実現するため、音質技術に基づいたマイク配置や設置構造を採用しているという。また、インシュレーターを設置し、マイク・ハウジングを本体基盤から分離する「フローティングマイク構造」を採用することで、マイク部の不要振動を低減。キー操作時などの不要なノイズ侵入を防止している。

また本機は、無指向性のLch/Rchマイクに加え、単一指向性のセンターマイクを搭載。録りたい音をピンポイントで録音可能な「モノラル録音」、左右に広がりがあり、音楽録音に最適な「ステレオ2マイク録音」、自然なステレオ音場の中で、特にセンターエリアの集音性を高めた「ステレオ3マイク録音」の3モードを用意している。

入力レベル調整機能は、マイク録音時に信号入力レベルを自動で調整する「オート・ゲイン・コントロール」や、レベル測定の結果から音源に最適な録音レベルを設定できる「オート・レベル・セッティング」を採用。さらに、自分好みの録音レベルが設定できる「マニュアル・レベル・セッティング」にも対応している。

その他の録音機能としては、録音した年月日や時刻が自動でファイル名として記録できる「タイムスタンプ」、無音状態が約2秒間続くと録音が一時停止する「オートシンクロ録音」、録音ボタンを押した後、実際の録音を開始するまでの時間設定(5/10/30/60秒)が可能な「ディレイ録音」などを搭載している。

再生可能ファイルは、WAV、WMAに加え、MP3にも対応。圧縮の際に失われた高音域を補間し、高音質再生を実現する独自の帯域補間技術「Supreme」も搭載している。

アンプ部には、音声信号の伝送ロスや外来のノイズの影響を抑え、高精度な信号変換と増幅が可能なデジタルアンプを搭載。A/D、D/Aコンバーターには歪特性に優れたWolfson社製「WM8985」を採用し、Lch/Rchに左右独立で配置している。また、デジタルアンプ部の電源には独自のクリアデジタル電源を採用することで、電源供給能力の向上と安定を図り、低歪率化を実現している。

本体表示部には、視認性が高く、6行表示が可能な大型液晶ディスプレイを採用。バックライトも搭載しており、さまざまなシーンで使用することができる。

電源はリチウムイオンバッテリーを採用し、連続再生約19時間、録音持続約12.5時間の長時間電池駆動を実現。USBバスパワーによるPCからの充電にも対応している。

【問い合わせ先】
ケンウッドカスタマーサポートセンター
TEL/0570-010-114(ナビダイヤル)
TEL/045-933-5133(携帯電話・PHS・IP電話)

(Phile-web編集部)
新着記事を見る
  • ブランドKENWOOD
  • 型番MGR-A7
  • 発売日2008年2月上旬
  • 価格¥OPEN(予想実売価格35,000円前後)
【SPEC】●内蔵フラッシュメモリー:2GB ●録音ファイル形式:WAV、WMA ●再生ファイル形式:MP3、WAV、WMA ●インターフェース:USB2.0/1.1、ヘッドホン端子(3.5mm)、外部マイク(STEREO/MONO)入力端子、ライン入力端子、ライン出力端子、ACアダプター端子、SDカードスロット(SDHC対応) ●液晶ディスプレイ:1.5インチ モノクロ液晶ディスプレイ ●電源:内蔵リチウムイオン充電池 ●外形寸法:約52.7W×100H×18Dmm ●質量:約95g

関連記事