micorSDカードスロットも搭載

ケンウッド、音質補間技術「Supreme」を採用した“Media Keg”「MG-G708」を発売

ファイル・ウェブ編集部
2011年10月18日
JVCケンウッドは、ケンウッドブランドのポータブルオーディオプレーヤー“Media Keg”の新製品として、独自の音質補間技術「Supreme」を搭載した「MG-G708」を10月下旬に発売する。価格はオープンだが、14,000円前後での販売が予想される。

“Media Keg”「MG-G708」(ブラック)


レッド

シルバー
カラーバリエーションはシルバーとレッド、ブラックの3色を揃える。対応OSはWindows 7/Vista/XP(日本語版のみ)。

“Media Keg”のラインナップにはBluetoothワイヤレスリスニング機能を採用した「MG-G608」が今年の6月から発売されている(関連ニュース)。本機では、デジタル音源の圧縮時に失われる高音域を補間するケンウッド独自技術「Supreme」を搭載したほか、Class-W方式のデジタル・ヘッドホンアンプを内蔵し、高音質化を図っている。

本体内には8GBのメモリーを内蔵。microSD/SDHCカードスロットを備え、メモリー容量の増設が可能。再生できる音楽ファイル形式はMP3/WMA(DRM9対応)/AAC/WAVで、最高48kHz/16ビットのデータが再生可能。静止画もJPEG/BMPファイルが再生できる。

Class-W方式は、ポータブル機器で必要な低消費電力と高音質再生を両立させた新しいヘッドホンアンプの方式。内部で負電源を生成し、ヘッドホンアンプの電力段を±電源でドライブし、変換効率を向上させている。またDCカットコンデンサーが不要なことから、超低域の歪みを改善しながら、低域から高域まで優れた周波数特性を実現している。

本体には独自のキャビネット構造により低域再生能力を強化したという、カナル型イヤホンが付属している。

楽曲管理ソフトには「BeatJam」をバンドルする。本アプリケーションでは歌詞情報をプレーヤーに転送することもできる。

ディスプレイは2.0型のカラー液晶。電池はリチウムイオン充電池。充電はUSBパスパワーで行え、充電時間は約1.5時間。

【問い合わせ先】
JVCケンウッドカスタマーサポートセンター
TEL/0120-2727-87
新着記事を見る
  • ジャンルデジタルメモリーオーディオプレーヤー
  • ブランドKENWOOD
  • 型番MG-G708
  • 発売日2011年10月下旬
  • 価格¥OPEN(予想実売価格14,000円前後)
【SPEC】●内蔵フラッシュメモリー容量:8GB ●カードスロット:microSD(SDHC対応) ●再生対応音楽ファイル:MP3/WMA(DRM9対応)/AAC/WAV ●外形寸法:46.5W×98.5H×13.5Dmm ●質量:56g

関連記事