オーディオ 商品レビュー

次へ

オーディオ 関連インタビュー

次へ
ソニー・コルグら4社が実施

ベルリン・フィルと東京・春・音楽祭のDSD 5.6MHz音声ライブ配信実験実施

  • Twitter
  • FaceBook
ファイル・ウェブ編集部
2015年01月22日
(株)インターネットイニシアティブ、(株)コルグ、(有)サイデラ・パラディソ、ソニー(株)の4社は、DSD 5.6MHz音声による演奏会のライブストリーミング配信実験を2015年4月に実施する。日本を代表する音楽祭のひとつ「東京・春・音楽祭」と、ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団の協力のもと、以下2件の配信を予定している。

【1】「東京・春・音楽祭 2015」で行われる「東京春祭マラソン・コンサート vol.5《古典派》〜楽都ウィーンの音楽家たち」
<配信日時>2015年4月5日(日)11:00〜20:00(日本時間)

【2】ベルリン・フィルハーモニー・ホールで行われるサー・サイモン・ラトル指揮ベルリン・フィルの演奏会「ベルリオーズ《ファウストの劫罰》」
<配信日時>2015年4月11日(土)19:00〜(ドイツ時間)/2015年4月12日(日)2:00〜(日本時間)

本実験では、コルグがライブ音源のエンコードを担当し、コルグとソニーでDSD信号処理を行う。配信にあたっては、IIJによるストリーミング用のプラットフォームとネットワークを使用。また、録音&マスタリングエンジニアの第一人者であるサイデラ・パラディソのオノセイゲン氏が全体の監修を行う。

本実験のシステムイメージ

上記の配信内容を聴取には、本実験専用に用意されたソフトウェアを手持ちのPCにインストールする必要がある。ソフトウェアは特設サイトで無償提供される予定。また、コルグ「DS-DAC-100/100M/10/10-SV」やソニー「UDA-1」「PHA-2/3」など、DSD 5.6MHzフォーマットに対応するDAC製品も必須となる。

関連記事