オーディオ 商品レビュー

次へ

オーディオ 関連インタビュー

次へ
「SRS-X9」と管理ソフト「Media Go」もハイレゾ関連アップデート

ソニー、ウォークマン「ZX1」「F880シリーズ」をDSD対応アップデート

ファイル・ウェブ編集部
2014年03月19日
ソニーは、ハイレゾ対応ウォークマン「ZX1」と「F880」、およびBluetoothスピーカー「SRS-X9」をアップデートによってDSD再生にも対応させると発表。音楽ファイルの管理ソフト「Media Go」もアップデートし、ウォークマンへのDSD音源転送などに対応させる。

ウォークマンZX1

また、「UDA-1」をMac OSでもDSDネイティブ再生できるようにするほか、「HAP-Z1ES」「HAP-S1」のradiko対応などのアップデートも実施する。「UDA-1」「HAP-Z1ES」「HAP-S1」アップデートの詳細は別項で紹介している。

■ウォークマンは2.8MHz DSDに対応 − 5.6MHzへの対応も検討中

ウォークマン「NW-ZX1」(関連ニュース)、「NW-F880」(関連ニュース)シリーズのアップデートは4月下旬に実施。対象はZW-ZX1/NW-F885/F886/F887の4モデル。

ウォークマンF880シリーズ

アップデートによって、DSD64(2.8MHz)の再生に対応。DSF/DSDIFFファイルの再生が行えるようになる。なお、再生はリニアPCMに変換して行い、ネイティブ再生は行えない。またDSD再生時のギャップレス再生には非対応。なお、5.6MHz DSD再生への対応については「鋭意検討している」という。

■ハイエンドBTスピーカー「SRS-X9」もDSD対応に

「SRS-X9」(関連ニュース)のアップデートは4月上旬に実施。かねてよりアップデートでDSDに対応することを発表していたが、そのアップデート時期が明らかになった格好だ。

SRS-X9

アップデートによって、上記のウォークマン同様にDSD64(2.8MHz)の再生に対応。DSF/DSDIFFファイルの再生が行えるようになる。本機も再生はリニアPCMに変換して行う。

また、DLNA経由でのDSDファイル再生にも対応。そのほか、Media Goのミュージックサーバー機能を使用してのDSDファイル再生にも対応する。ただし同社ではDSDをネットワーク経由で再生する際は、有線LAN経由での接続を推奨している。

■「Media Go」にハイレゾ音源のメディアサーバー機能追加

「Media Go」のアップデート時期は3月下旬。ウォークマンZX1/F880シリーズへのDSDファイル転送に対応する「Media Go 2.7」へとアップデートされる。

また、Media Goに保存されているコンテンツをネットワーク経由で再生することにも対応。ハイレゾ音源のメディアサーバー機能も追加される形になる。

対応OSはWindows 8/7/Vista/XP。

関連リンク

関連記事