【PR】一般家庭でも手軽に大画面

ビューソニックの超短焦点&サウンドバー一体プロジェクター「X1000-4K+」でおうちエンタメをレベルアップ!

  • Twitter
  • FaceBook
鴻池 賢三

前のページ 1 2 次のページ

2021年12月16日
最近、プロジェクターが話題に上ることが多い。従来のホームシアターマニア向けというよりは、テレビなどと同様、一般家電的な視点でだ。例えば、ポータブル型のものは「プロジェクター」という存在自体を広く知らしめたのではないだろうか。またネット配信サービスの充実で、映画やドラマも格段にアクセスしやすくなり、「好きなコンテンツを映画館のような大画面で楽しみたい!」という欲求も芽生えているのだろう。

技術的にも、光源が高圧水銀ランプからLEDやレーザーに置き換わり、寿命やランニングコストを気にする必要が無くなったほか、電源オンで瞬時に明るい映像が得られるなど、使い勝手も飛躍的に向上している。

そのほか設置性の面でも、今回ご紹介するビューソニック「X1000-4K+」のように、投射距離が非常に短くて済む「超短焦点」タイプが登場し、テレビに近い感覚で使用できるようになったのも大きな変化だ。「一般家庭でもプロジェクター」がますます現実的になってきているのだ。

「X1000-4K+」:¥OPEN(実売予想価格:税込348,000円前後)

超短焦点&サウンドバー搭載! 手軽に大迫力エンタメを実現する「X1000-4K+」

ビューソニックは、ディスプレイやプロジェクター専業のブランド。業務用から家庭用まで幅広くラインナップし、モバイルプロジェクターでも人気を集めているブランドの一つだ。

10月26日より発売された「X1000-4K+」は、4K/HDR対応の超短焦点タイプで、スピーカーシステムとしてHarman/Kardon監修の40Wサウンドバーを搭載。BDレコーダーなどを接続し、投射する一般的な使い方に加え、付属のUSB Wi-Fiドングルを装着することで、本機単体でもネット動画を大画面&迫力のサウンドで楽しめる。

光源はLEDで最大約3万時間と長寿命。旧来のランプを光源とするプロジェクターのように、光源の寿命や突然の“球切れ”を心配する必要もなく、プロジェクターを初めて手にするユーザーにも扱いやすいだろう。

USBスティック型のWi-Fiドングルを同梱。本体に差し込めば単体で動画配信サービスなどが利用できるようになる

超短焦点タイプでキモと言える投射距離と画面サイズの関係だが、スペックでは38cmで100型となっている。ちなみにこの際の壁から本機前端までの距離は、本機奥行寸法の約29cmをプラスし、約67cmになる。

レンズまわは焦点距離が固定のため、画面サイズ調整は投射距離を変えて行うかたち。ピントはオートフォーカス機能が利用でき、台形補正は上下方向(+/- 14° (垂直)が可能だ。

Harman/Kardon監修のサウンドバーは、5Wトゥイーター+15Wフルレンジの2ウェイステレオタイプ。ほかにも、誤って投射レンズを覗き込んだ際に目を傷めないよう、超音波センサーで物体を検知して映像を止め、出力も大幅に絞る「Eye Protection機能」を搭載するなど、安全性にも配慮した設計が成されている。

小さめサウンドバー+αくらいのサイズ感。100インチ大画面を短距離で

まず手にして驚いたのは、小型軽量であること。大半の超短焦点型プロジェクターは、それなりにボリュームがあってズッシリと重い。しかし本機の場合、少し大袈裟かもしれないが、横幅が狭めのサウンドバーにプロジェクターが合体したような印象を受けた。

実際に設置して映像を映し出すと、計算通り、100型の投射時で壁から本機前端までの距離は約67cm。この距離をどう考えるかはユーザーにもよると思うが、少なくとも壁にピッタリとくっつけて壁一面の超大画面を実現、とはいかない。例えば一般的な薄型テレビ用のラックは奥行が30cm〜50cm程度なので、この場合なら60〜80型弱程度の画面サイズが得られる計算だ。良し悪しの話ではなく、事前のシミュレーションが重要という意味である。

壁から38cm離せば100インチの映像を投射可能。本体奥行きも含め約67cmのスペースがあれば大画面でおうちエンタメを楽しめる

今回は垂直の壁面に映し出したが、映像がわずかに台形に歪む。そもそも一般家庭において壁面と床、テレビ台などが寸分違わず垂直になること自体ほとんどなく、また超短焦点レンズは特性上、傾きの影響を受けやすい。そのため、綺麗な映像を楽しむためにはしっかり調整を行う必要があるのだ。

本体の前足はダイヤルで調整が可能だが、充分に下がり切らない。台形補正機能を搭載しているが、操作が反映されるまでに少し待たされる感があり、また、調整1ステップの変化量が大きく、微調整に向かない印象がある。

なので今回は、後ろ脚の下に1cm厚程度の板を敷いて嵩上げすることで、ちょうど良い塩梅に追い込めた。ちなみに、全てのプロジェクターに共通することだが、台形補正を利用すると映像が小さくなる方向に変形するので、解像度と明るさの両面で不利になる。なるべくアナログ的な方法で解決することをお勧めしたい。

そんな時に重宝するのが、内蔵の「テストパターン」。画面の四隅や映像の歪度合いが分かりやすく、投射位置を定めるのに便利で、使える好機能だ。

「X1000-4K+」の実力をチェック!

前のページ 1 2 次のページ

関連記事