HOME > ニュース > XGIMI、4K/HDR10対応で2200ルーメン/最大300インチ投影のホームプロジェクター「HORIZON Pro」

フルHDモデル「HORIZON」も

XGIMI、4K/HDR10対応で2200ルーメン/最大300インチ投影のホームプロジェクター「HORIZON Pro」

2021/05/17 ファイルウェブオーディオ編集部・筑井真奈
  • Twitter
  • FaceBook
  • LINE
XGIMI(ジミー)は、4K/HDR10に対応するホームプロジェクター「HORIZON Pro」と、フルHD対応の「HORIZON」を発売、本日より先行予約販売を開始する。価格は「HORIZON Pro」が176,880円(税込)、「HORIZON」が129,800円(税込)となっている。

4K対応の「HORIZON Pro」とフルHD対応の「HORIZON」の2モデルが登場

これまでXGIMIではバッテリーを搭載したモバイルプロジェクターを展開していたが、今回は電源が必須となる初のホームプロジェクターとなる。OSはAndroid TV 10.0を搭載、起動時間は6秒と高速起動が可能となっており、テレビと同等の操作感を実現しているという。

明るさは2200ANSIルーメンとXGIMI史上最高スペックを実現、最大300インチの投影が可能となる。独自の「X-VUE」画質システムを搭載し、ノイズを低減し色を忠実に再現することで、臨場感溢れる画質を実現しているという。なお投影方式にはDLPを採用している。

独自のX-VUE画質システム

また、「MEMCモーション補正」では、動きが激しい映像であってもスムーズな映像を出力するということで、サッカーやテニスなどスポーツの試合もストレスなく視聴できるとしている。

MEMCモーション補正

Harman Kardonの8W×2のスピーカーを搭載。筐体に合わせたオーダーメイドスピーカーとなっており、DTS StudioとDolby Audioにも対応する。

自動台形補正や高速オートフォーカスに加えて、スクリーンや壁が障害物に遮られても自動的に回避する機能も搭載。Google アシスタントにも対応し、音声での指示も可能となっている。目に優しいブルーライト軽減も搭載、スマートに光を検知し自動で明るさを調整することもできる。

自動台形補正やオートフォーカス機能も搭載

入出力端子は、USB typeA×2、HDMI×2(うちひとつはARCに対応)、LAN、ステレオミニ出力、Optical出力を搭載。Wi-Fiは2.4GHzと5GHzに対応。またBluetooth 5.0に対応し、Bluetoothイヤホンやスピーカーなどにも出力可能。サイズは約208×218×136mm、重さは2.9kg。

多様な入出力端子を搭載する

XGIMIの国内代理店を担当するピーラボの矢野社長は、XGIMIのプロジェクター開発背景として、スマートフォンが普及したことによって、家庭内でもひとりでスマホに向き合う時間が増えてしまったため、「家族と過ごす時間をもっと共有してほしい」という思いから生まれたものだと語った。

この記事をシェアする

  • Twitter
  • FaceBook
  • LINE

関連リンク