【特別企画】Bluetooth送信機能付ケースが便利

驚きの高音質!完全ワイヤレスで“B&Wサウンド”、唯一無二の機能も備えた「PI7」レビュー

  • Twitter
  • FaceBook
折原 一也

前のページ 1 2 3 次のページ

2021年06月22日
Hi-Fiオーディオスピーカーのブランドとして名高い英Bowers&Wilkins(B&W)。近年はノイズキャンセル対応のワイヤレスヘッドホン、ワイヤレスイヤホンの意欲的なラインナップも目立つ同ブランドから、遂にノイズキャンセル対応完全ワイヤレスイヤホン「PI7」/「PI5」が、2021年6月25日に発売される。

B&Wから登場する初の完全ワイヤレス「PI7」「PI5」をチェック

高音質コーデックからノイキャンまで、トレンドを極めた旗艦モデル「PI7」

なかでも旗艦モデルとして登場する「PI7」は、仕様面から驚きの連続だ。

旗艦モデルとなる「PI7」

まず、完全ワイヤレスイヤホンとして現在考えられる最高音質の条件クアルコム社によるaptX Adaptiveコーデックによる48kHz/24bitワイヤレス伝送に対応し、高音質のストリーミングやハイレゾ音源への伝送もカバーしている。

左右イヤホンの接続には近距離磁気誘導技術NFMI(Near-field Magnetic Induction)を用いており、その伝送にも48kHz/24bitの音声信号を採用。スマホから耳に届くまでの全ての経路を24bit伝送で統一できる、希少な完全ワイヤレスイヤホンなのだ。

PI7の実機を前にすると、その高級感からB&Wブランドの特別さが実感できる。ベース部はマットなブラックあるいはホワイト、円錐台型の背にあたる箇所がヘアライン仕上げのゴールドで、周囲に“Bowers & Wilkins”の刻印。これぞB&Wのフラッグシップ機というラグジュアリー感に満ち溢れている。IP54の防塵防滴も確保し、イヤーピースはS/M/Lの3サイズが付属している。

マットなブラック(またはホワイト)にヘアライン仕上げのゴールドというラグジュアリーなデザインが、B&Wのフラグシップ製品ということを主張する

スマホとの接続はiPhone12 Pro、そしてaptX Adaptive対応のソニー Xperia 1IIで検証した。ちなみにAndroidでは、Google FastPairも利用可能となっている。なお、セットアップの際にはアプリ“Bowers & Wilkins Headphones”の導入が求められるので準備しておこう。

専用アプリ“Bowers & Wilkins Headphones”が用意されている(画像はAndroid版のもの)

両機はノイズキャンセル機能にも当然のように対応している。左右それぞれ2つずつ備えたマイクによるハイブリッドノイズキャンセル仕様で、左イヤホンのタップ、またはアプリからオン/オフを切り替えられる。ちなみに、PI7は通話用としてマイクをもう一組搭載している。

左センサーのタッチかアプリからの操作でノイズキャンセリングを起動

ノイズキャンセリングの効かせ方をアプリから調整できる

実際にPI7を屋内、屋外、電車へと持ち出してノイズキャンセルを検証してみると、屋内ではエアコンなどの繰り返す音、屋外は電車では車などの走行音といった中低音の騒音をハッキリと体感できる形で低減する。なお、アプリから“オート”を有効にすると、周囲の騒音の大きさに応じてノイズキャンセル効果を適宜調節し、ノイズキャンセル時の違和感を抑えてくれる。

フラグシップスピーカーのエンジニアも携わった、注目の音質設計

前のページ 1 2 3 次のページ

関連記事