ミラーレス、デジタル一眼の2部門を制覇!

デジタルカメラグランプリ「総合金賞」2冠の快挙。ニコン「Z 50」「D780」特別レビュー

  • Twitter
  • FaceBook
山田久美夫

前のページ 1 2 3 4 次のページ

2020年06月26日

■撮影の醍醐味をリアルタイムに感じさせる「D780」


一方、フルサイズデジタル一眼のロングセラーモデル「D750」の後継機として、満を持して登場したのが「D780」。先代機から実に5年振りのフルモデルチェンジだけあり、ミラーレス時代における “一眼レフ” の在り方をきちんと見据えたモデルだ。

仕様の詳細については、こちらの記事を確認してほしいが、新規設計されたミラー駆動系の搭載や、「D5」から受け継いだAFアルゴリズム、「Zシリーズ」譲りのハイブリッドAFシステムの初採用など、ハード面、ソフト面ともに大きな進化を遂げている。


被写体の光をタイムラグなしに見ながら撮影できる、明るくクリアな光学ファインダー。「D5」から継承した、作者の意図を先読みするかのような的確なエリア選択や、動きに強い快適なAF測距。ライブビュー撮影も実に快適だし、AFもシャッターレスポンスも第一級。そしてなにより、超高速で緻密なメカニカルな撮影感覚を備えている。

実際に使ってみると、そのアナログ部分の緻密な作り込みに裏打ちされた、快適な撮影感覚が実感として伝わってくる。これは、なかなかの快感だ。これぞ一眼レフというべき、撮影の醍醐味をリアルタイムに感じさせるモデルである。


画質は、有効2450万画素のフルサイズセンサーによる余裕のある描写だ。十分過ぎるほどの解像感に加え、驚くほどの超高感度画質を備えており、フルサイズ機ならではのポテンシャルの高さを堪能できる。

ボディ単体で実売価格27万円前後と高価ではあるものの、中堅機でありながら、一眼レフとしての緻密で高精度なメカと光学系を、この価格帯で楽しめると思うと、むしろお手頃に感じられるほどである。


また、ニコンFマウント用交換レンズであれば、初期のボディ内モーター駆動レンズでも、きちんとAF撮影できる点も見逃せない魅力。長年、ニコンFシステムを愛用し、豊富なレンズ資産を持っているユーザーにとっても、きわめて魅力的なモデルといえるだろう。

撮影時の心地よさ、それこそ両機に通底した魅力

前のページ 1 2 3 4 次のページ

関連記事