【特別企画】低ノイズの端正さとリアルな表現力を28万円で実現

驚くほど生々しい音。テクニクスの多機能SACDプレーヤー「SL-G700」レビュー

鈴木 裕

前のページ 1 2 次のページ

2020年03月25日
テクニクスが昨年発売したネットワーク/SACDプレーヤー「SL-G700」は、SACDに加えMQA-CDやネットワーク再生など、幅広いソースに対応する多機能さも特徴の一つだ。当サイトでは、同社のCTOである井谷氏を交えた鼎談を掲載したが、その中で評論家の鈴木裕氏はSL-G700について「一番の魅力は音が良いことだ」と語っていた。本項ではそんな鈴木氏による、詳細なサウンドインプレッションをお届けしよう。

ネットワーク/SACDプレーヤー「SL-G700」 ¥280,000(税抜)

テクニクスのネットワーク/SACDプレーヤー「SL-G700」。SACD/CD、MQA-CDの対応に加え、ネットワークプレーヤーにもなり、加えて各種ストリーミングサービスにも対応しているなど、その多機能性が大きな特徴だ。

多機能性ももちろん重要だが、筆者が特に評価したいのは「音が良いこと」だ。それなくしては、いくら多機能でも、オーディオファンや音楽ファンの気持ちに訴えることはできないんじゃないだろうか。

今回は実際の試聴を通して、その「音の良さ」について紹介していこう。テストは音元出版試聴室で行なった。リファレンスシステムはアキュフェーズのプリアンプ「C-3850」とパワーアンプ「M-6200」、スピーカーはB&W「803D3」という構成だ。

ノイズ対策による端正さだけでなく、音楽信号自体の強さを感じる

最初は普通のCDでの試聴だが、まず「Pure Disc Playback」モードのON/OFFを試してみる。ONにすると、ネットワーク機能など、CD再生に必要な回路ブロック以外の電源がシャットダウンされる。これによってディスク再生の音質を高める、SACD/CD再生専用モードだ。

初期設定ではOFFで、この状態で聴いても何の問題も感じないが、ONにすると空間の透明度が増し、音自体にある暴れがきれいに収まる感覚がある。「音の純度が上がる」という言い方をしてもいい。

ドライブメカは3層のシャーシ構成で、アルミダイキャスト製ディスクトレイを搭載するなどの制振・静音に力を注いだ構造により、高精度なディスク再生を実現する

これをONにした状態で、竹内まりや『Quiet Life』から「シングル・アゲイン」を聴くと、まずノイズフロアの低さもあって、音像の形や音の端正な色彩感がきれいに見えてくる。ストリングスの高域を聴くと高周波ノイズの影響を受けているかどうかを判別しやすいのだが、この状態だと「シーン」ではなく「ヒーン」という、本来のニュアンスで聴こえてくる。

エリック・クラプトン『アンプラグド』では、オーディエンスの拍手の一人一人の音が良く立っている。分解能が高い上にエネルギー感が強い。このディスクではクラプトンがリズムを足で取っている最低域の成分が木製の床に響いており、その音像や低音の立ち上がり方などがひとつのチェックポイントなのだが、この最低域がきちんと見えている。また、肌に直接感じさせるような音の圧が強めだ。こうしたところを聴くと、さまざまなノイズ対策を施したS/Nの良さだけでなく、信号自体の力強さのようなものを感じる。

再生音の傾向を技術的に分析すると、D/A変換後のフィルター回路として搭載している、独自ディスクリート構成のアンプモジュールが効果を発揮しているように感じる。この部分に低雑音トランジスタや薄膜抵抗を採用することで、回路内部に発生する雑音を抑制し、動作電流を大きく取れることが、積極的な音作りを後押ししているのではないだろうか。

それが分解能やエネルギー感の高さ、低域・最低域の「圧」をきちんと出せるプレーヤーの表現力につながっていて、上っつらの音ではなく、より踏み込んだ、彫りの深い、生々しい表現を獲得している。このことを特筆しておきたい。

アキュフェーズのプリアンプ「C-3850」とパワーアンプ「M-6200」、B&Wの「803D3」を組み合わせてテストを行った

続いてSACDやMQA-CD、ネットワークプレーヤーなどを試聴

前のページ 1 2 次のページ

関連記事