いままで使えなかった場所にも対応

より低い位置までカバー! フルテック「NCF Booster」新モデルの効果を引き出す

山之内 正

前のページ 1 2 3 4 次のページ

2019年05月22日

ネットオーディオ機器周りにも好適
LANやUSB端子周りでは、鮮明で遠近感が一気に広がる

fidataのミュージックサーバーHFAS1-H40の、USBとLAN端子にNCF Booster-Signal-Lを挿入。端子がぐらつきやすく、低い部位には特に本品が効果を発揮する

マランツND8006のLANやUSB端子も、フルテックNCF Booster-Signal-Lの守備範囲に収まる。オーディオグレードの製品を選ぶと、どちらのケーブルも太く重くなり、プラグとコネクターの間に隙間が生じやすい。それだけ振動の影響を受けやすくなり、シールドを介したノイズの伝播も懸念される。

NCF Booster-Signal-Lを挿入すると、一音一音の立ち上がりが鮮明になると同時に、発音した直後の音の勢いが強まるように聴こえる。ベースの重量感やヴォーカルの柔らかい質感など、音色はほぼ変わらないまま演奏の生々しさや高揚感をありのままに引き出す感触があり、再生音の格が上がったような印象を受ける。音の変化が大きく、コンポーネントのグレードが1ランク上がったように感じるのはNCF Boosterシリーズに共通する効果なのだが、スリムなNCF Booster-Signal-Lにもその特徴を聴き取ることができる。

LANとUSB各ケーブルへの対策は、fidataのサーバーでも同様な効果が現れ、特に奥行き方向の遠近感が一気に広がることに感心させられた。筐体が薄く、NCF Booster-Signalが使えない機器の代表格だが、NCF Booster-Signal-Lなら問題なく活用できる。

新しい用途、機器のインシュレーターとして試す

前のページ 1 2 3 4 次のページ

関連記事