[連載]高橋敦のオーディオ絶対領域:第224回

AirPodsをさらに便利に! 耳へ最高に「しっくり」させるアクセサリー6機種、全部試した

高橋 敦

前のページ 1 2 3 4 次のページ

2019年02月13日

タイプとしては、以下の3つに分けることができる。
本体のホールド力を向上させるカバー
・Spigen TEKA AirPods Earhooks
・DamonLight Earhook

耳かけパーツでホールド力を向上させるフック
・elago AirPods Earhook
・Elecom P-APAPHN

落下トラブルへの保険となる左右連結ストラップ
・Spigen TEKA AirPods Strap
・Elecom P-APAPHN


ホールド力向上!シリコン製カバー

「裸のAirPodsだと自分の耳にはどうもフィットしない……着けたまま走ったりすると落ちそうで気になる……」そんなユーザーに向けて、まずこちら!ホールド力を向上させてくれるAirPodsカバーを紹介しよう。

Spigen TEKA AirPods Earhooks

DamonLight Earhook

Spigenはシリコン素材による滑り止め効果に加えて、サイズアップによるきっちり感+外耳に内側から引っ掛けるフィンの増設でホールド感をぐっと向上させる狙い。

実際に装着して装着……SpigenをAirPodsに装着して、Spigenを装着したAirPodsを僕に装着してみると、その効果は確かに大きく、ホールド力「増し増し」といった感じ。僕はしないが、運動をしてもぜんぜん問題なさそうだ。

Spigen TEKA AirPods Earhooks。十分に自然!

DamonLightも同じくシリコン素材だが、サイズアップ&形状変更してくるSpigenとは逆に超薄型で、AirPodsの形にほとんど変化をもたらさない。実際に装着して装着してみても、その装着感は裸Podsと比べてほとんど違和感がない。ホールド力もシリコンの滑り止め効果のみによる「ちょい増し」程度な感じだ。

こちらは激しい運動に向けた製品というより、「裸Podsのホールド力に少し不安がある人がその不安を解消できるアイテム」という認識が良いかもしれない。

DamonLight Earhook。ぱっと見ではカバーの存在に気付かないレベル

ただこのDamonLightは一点、AirPods本体に装着するアイテムとして画期的な強みを備えている。なんと、装着したまま!AirPodsを!ケースに収納できるのだ!

ケースをここまで閉じたところで僅かに引っかかって擦れるが、ちゃんと閉じて充電できた

逆に言えばDamonLightの他は、ケースから出し入れするたびにアイテムの付け外しが必要ということ。普通に面倒なので「それ、身軽・手軽が強みのAirPodsを使う意味なくなるんじゃ……」感が出てくることは否めない。

他のカバーやフック、ストラップ等はもちろん着けたままではケースに収まらない

だが、すでにAirPodsをお使いのユーザーの中には、多少面倒が増えても、ちょっとした出費だけでホールド力をアップできるならお得!と考える方もいることだろう。その面倒をわかった上で割り切れるなら、この手のアイテムもぜんぜんアリだ。

その際には「AirPodsへの付け外しのしやすさ」にも注目して製品を選んでほしい。
「運動するときだけカバーをつけてホールド力アップ!」
「充電するときはフックを外してケースにイン!」
みたいな使い方をする場合、そのアイテムの付け外しのしやすさがそのまま、アイテム+AirPodsの使い勝手の良さに直結する。

「付け外しのしやすさ」も重要。イヤーフック型は手軽で優位

前のページ 1 2 3 4 次のページ

関連記事