HOME > レビュー > イヤホンを“高音質に”ワイヤレス化。JVCの“K2”搭載Bluetoothレシーバー「SU-ARX01BT」実力チェック!

【PR】野村ケンジが音質傾向をチェック

イヤホンを“高音質に”ワイヤレス化。JVCの“K2”搭載Bluetoothレシーバー「SU-ARX01BT」実力チェック!

2017/11/27 野村ケンジ
  • Twitter
  • FaceBook
  • LINE

さらに素晴らしいのが、その作り込みの細やかさだ。なんと今回、Bluetooth伝送で使用されているSBC、AAC、aptXそれぞれのコーデックに、個別の専用パラメーターを用意しているのだという。


実は、SBC、AAC、aptXというコーデックにはそれぞれで異なる音質的な特徴があり、それに対処すべく、「K2 TECHNOLOGY」ならではの豊富なパラメーター設定を活用して個別に最適なサウンドを追求したのだという。これぞ、兆の桁を超えるパラメーター設定数を持ち合わせている「K2 TECHNOLOGY」だからこそ実現できた細やかさだろうし、同時に、膨大なパラメーター設定数のなかから最適値を導き出したエンジニアの地道な努力にも思わず感心させられる。

K2テクノロジーの処理イメージ。Bluetoothの各コーデックごとに最適な高音質化処理を行う

実際のところ、「SU-ARX01BT」の「K2 TECHNOLOGY」はなかなかの完成度だ。というのも、端的にオンオフの違いがよく分かるからだ。オンにすると付帯音や雑味が少なくなり、明らかに階調の表現がなめらかに感じ取られるようになるし、音のキレも向上する。

ネックバンド部内側に各種操作ボタン類を装備。「K2」ボタンでK2テクノロジーのオンオフも可能

ワイヤレス(Bluetooth)接続だということを意識させない、ワイヤード接続に近い音質やサウンド表現を確保できている印象だ。これは、なかなかの優れもの。もちろん、人によっては音質的な傾向には好みがあるので、全ての人がオンのままとはならないだろうが、かなり使える機能なのは確かだ。

■CLASS-S「SOLIDEGE inner」「WOOD inner」各モデルで試聴

さて、今回は「SU-ARX01BT」に加えて、「SOLIDEGE 01 inner」「SOLIDEGE 02 inner」「WOOD 01 inner」「WOOD 02 inner」も同時に借用して、純正組み合わせのサウンドもチェックしてみた。なお、試聴用のプレーヤーにはソニー・ウォークマン「NW-WM1Z」を使用、aptXによる接続で行った。なお、Bluetooth接続にはNFCを活用してみたが、とてもスムーズに認識された。

抜群の相性を見せてくれたのが「SOLIDEGE 02 inner」だ。K2をオンにした状態で聴き始めると、メリハリの良い表現を基調としつつ、キレの良いリズミカルな演奏を楽しめた。

SOLIDEGE innnerと組み合わせたところ

女性ヴォーカルはハスキーで、大人っぽい歌声に聴こえる。ハードロックもキレの良いドラム&ベースによって、リズミカルな演奏に感じられる。

次ページ「Bluetoothは音が悪いというイメージを払拭できる秀逸な製品」

前へ 1 2 3 次へ

この記事をシェアする

  • Twitter
  • FaceBook
  • LINE