独自の騒音キャンセリング回路搭載

装着感◎の小型イヤホン+定評のNC機能が一つに! AKG「N20NC」レビュー

高橋 敦

前のページ 1 2 3 次のページ

2017年07月19日
ベーシックモデルに定評のNC機能を融合、AKG「N20 NC」

ワイヤレスイヤホンが人気だが、iPhone 7などを除けば、スマートフォンはイヤホン端子搭載が主流。ワイヤレスにはワイヤレスの面倒さもあるので、「有線接続で、すごく高くはなく、便利で音も良いイヤホンが欲しい」というニーズは多い。

中でも「ノイズキャンセリングイヤホンが気になってるんだよね…」という方に紹介したいのがこちら、AKG「N20NC」だ。

AKG「N20NC」

ところでAKGのラインナップの中でも、無駄の無いシンプルなデザインに、ドライバー構成もダイナミック一発、これぞベーシック!と言えるモデルが「N20」だ。

AKGというとプロユース、スタジオエンジニアやミュージシャン、放送業界などに向けたヘッドホンやマイクのブランドというイメージも強いかもしれないが、コンシューマー向け製品、そこで求められるノイズキャンセリング機能にも早くから取り組んでおり、その性能には定評がある。

つまり同社イヤホンのベーシックモデルであるN20をベースに、定評ある同社のノイズキャンセリング技術を融合させた、ノイズキャンセリングイヤホンのベーシックモデル。「N20NC」はそういった位置付けの製品だ。なんという安心感!

コンパクトなイヤホンとノイズキャンセリングモジュールの存在がポイント

NCイヤホンなのにコンパクトで快適な装着感を維持

それでは、その“安心感”について、くわしく説明していこう。

N20NCのイヤホン本体は、N20と見分けがつきにくいほどのコンパクトさだ。後述の「ハイブリッド方式ノイズキャンセリング」のため、ハウジングには二つのマイクが仕込まれている。それでいてN20とあまり変わらないコンパクトさに収め、快適な装着感を維持しているのは見事だ。

またノイズキャンセリングに必要な低域再生能力の確保のためか、N20と比べてドライバーも大型化。それでいてN20とあまり変わらないコンパクトさに収め、快適な装着感を維持しているのは見事だ。さらにその上で、N20と比べても違和感のない音になるようチューニングしているというから恐れ入る。

イヤホン本体はルックスからしてコンパクトだ


AKGならではのノイズキャンセリング効果

前のページ 1 2 3 次のページ

関連リンク