2.4GHz帯ワイヤレス+Bluetoothに両対応

ワイヤレスサラウンドにBT+ハイレゾも。「1台3役」のオーディオテクニカ「ATH-DWL770」を試す

ファイルウェブ編集部

前のページ 1 2 3 次のページ

2017年06月23日
自宅のテレビやコンポの音を、大きく、良い音で、しかも周りを気にせず聴けるのが、テレビ向けワイヤレスヘッドホンだ。多くのモデルでは、2.4GHz帯を使う送信機が同梱され、音がズレにくい。サラウンド機能が付いており、映画館顔負けの臨場感を得ることもできる。その代わり送信機も含めて大きくかさばり、外に持ち出して使うことは難しい。

その一方、Bluetoothを使ったヘッドホンも、ここ数年で手軽さが高まり、高性能化が進んでいる。こちらをテレビやコンポなどでも使えれば話は簡単なのだが、現時点でそれは意外と面倒だ。送信機が内蔵されたテレビは稀で、ヘッドホンとは別にわざわざ外付け送信機を用意する必要があるからだ。またBluetoothは、aptXやAACといったコーデックでなければ音声が遅延し(平均0.2秒)、映像やゲーム用途に使うと音ズレが気になってしまう。

映像鑑賞に適した製品は屋内向け、手軽な製品は屋外向け、と分かれてしまっていたのが、今までのワイヤレスヘッドホンだと言えるだろう。


■「ハイブリッドワイヤレス」の「ATH-DWL770」

そんな問題を一挙に解決したのが、オーディオテクニカの「ATH-DWL770」だ(関連ページ)。

オーディオテクニカ「ATH-DWL770」(¥OPEN)

付属の送信機とセットで使えば、音ズレの少ない2.4GHz帯デジタルワイヤレス。スイッチを切り替えれば、スマホや音楽プレーヤーなどにBluetoothで接続可能。「SOUND VISION」エフェクト機能によってバーチャルサラウンド、ゲームモード、クリアボイスモードという3種類の特殊効果をかけることができ、おまけにヘッドホンケーブルを取り付ければ、充電いらずのハイレゾヘッドホンとしても使える。「あったらいいな」が形になったようなヘッドホンだ。Bluetoothと有線接続を省き、屋内使用に特化した兄弟機「ATH-DWL550」と同時に販売を開始している。

そんな「ATH-DWL770」を、今回は当サイト編集長の風間雄介が試してみた。

Phileweb編集長・風間雄介

―まず本体を手に取った時の印象はどうでしたか?

風間:ひとつ前の機種「ATH-DWL700」が3年間売られたロングセラーで、その後継機ということではじめから期待はありました。メーカーロゴを大きくあしらっていた前の機種から、メタリックなラインが一本だけという、ある意味未来的なデザインに変わったのは驚きましたが、とても好印象です。全体的にブラックのハウジングとブラウンのイヤーパッドでシックにまとまっていると思います。

ハウジングを一本のラインが縦断するデザイン

―装着感はどうですか?

風間:イヤーパッドが非常に柔らかく、厚みがあるのがいいですね。側圧も控えめなので、2時間の映画を見るくらいでは全然耳が痛くなりません。

イヤーパッドは立体縫製。ヘッドバンド含め、とても柔らかい

それから、前モデルの「DWL700」は収納時に折りたためなかったので、スタンドに立てるとそれなりに高さが出てしまいました。今回は折りたたんでからスタンドにはめ込むので、よりコンパクトに設置でき、安定性も増しているように感じられます。

2種類のワイヤレス接続で音の傾向をチェック

前のページ 1 2 3 次のページ

関連記事