月額1,944円(税込)

ひかりTV、4K対応チューナーをレンタル提供開始 ‐ チューナー内蔵テレビ以外でも4K視聴可能に

ファイル・ウェブ編集部
2015年01月28日
NTTぷららは、「ひかりTV」の4K VOD配信サービスにも対応する外付けチューナー「ST-4100」のレンタル提供を本日1月28日より開始した。レンタル料金は月額1,944円(税込)で、初期費用が1,080円(税込)。

ST-4100

HDMI2.0/HDCP2.2に対応した4Kテレビに接続することで、ひかりTVの4K VOD配信サービスが利用できるチューナー。もちろん4K以外のひかりTVの各種サービスも通常どおり利用できる。現在、同サービスは対応チューナー内蔵のシャープAQUOS UD20/US20/U20ラインで視聴できる状態だが、これら以外の4K対応テレビでも4K配信コンテンツを視聴できるようになる。なお、東芝やソニーも同サービスへの対応アップデートを予定しているほか、パナソニックとLGも対応テレビを今後発売することを発表している。

ひかりTVへの加入には、インターネット回線がNTT東西の線「フレッツ 光ネクスト」「B フレッツ」、またはNTT西日本の「フレッツ・光プレミアム」であることが必要。また、4Kコンテンツの視聴には「基本放送プラン(1,080円)」「ビデオざんまいプラン(2,700円)」「テレビおすすめプラン(2,700円)」「お値うちプラン(3,780円)」(いずれも税込・月額)いずれかの契約が必要となる。

以前から提供が予告されていたなどチューナーの提供開始と詳細なスペックが改めて明らかになった格好。4K VOD映像受信機能のほか、1視聴+2ch同時裏録画が可能なトリプルチューナーを搭載し、地上デジタル放送の同時利用は2チューナーまで行える。なお、時期は未定だがレンタルではなく販売での提供も今後予定しているという。

加えて、Wi-Fi IEEE802.11ac/n、およびBluetooth機能にも対応。また、音声マイクも搭載するほかタッチセンサー付リモコンも採用している。

ひかりTV 4Kは、2014年10月に同社が日本で初めて商用での提供を開始した4K VODサービス(体験レポート記事前編後編)。現在約200本の4K映像によるビデオ作品を提供しており、年度内に約250本の作品を取り揃える予定だとしている。

関連記事