従来モデルからどう進化したのか?

「iPhone 6」レビュー − 使い勝手やAV関連機能をiPhone 5/5sと比較

高橋 敦

前のページ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 次のページ

2014年09月19日
いよいよ本日9月19日から発売が開始されたiPhone 6。発売当日にiPhone 5からの乗り換えを果たしたライターの高橋敦氏がAV関連機能を中心に速攻レビュー。編集部員所有のiPhone 5sも交え、3モデルを使い比べた。

iPhone 6

iPhone 5/5sと使い比べ

iPhone 6の基本情報をおさらい!

国内導入時からiPhone 3G→4→5と順調に「s」をスキップして外観の大幅変更を含むメジャーアップデートを楽しんできたので、今回の「iPhone 6」にはもちろん飛びついた。iPhone 4までは表参道に行列してそれも楽しんでいたが、iPhone 5からは地元駅前のauショップに予約日に少し並び、当日はさくっと受け取っている。今回も同じく“安定らくちん"のそのパターンで無事に確保できた。

ホームボタン

ということでこのレビューは「iPhone 5sはスルーし、5を使い続けてからのiPhone 6」という視点も入れていきたい、というか自然とそうなると思う。そこも含めてお役に立てればと思う。

側面

さて、まずは基本情報を確認しておこう。

まず概要は発表時の速報記事を参照してほしい。

そしてiPhone 5以降からの変更や進化のポイントは、先行して別途の記事としても掲載させていただいたが、こちらの記事の表を参照してもらえるとわかりやすいはずだ。小さくて見にくいが、画像もあわせて掲載しておく。



今回レビューするのは「iPhone 6/128GB/スペースグレイ」

まず肝心なことだが、今回僕が選択したモデルは「iPhone 6/128GB/スペースグレイ」だ。

底面端子部

6 Plusではなく6なのはもちろん、あの大きさによって使いやすさが落ちていないか?という不安からだ。実際に使ってみると思いがけず使いやすいという可能性もあるとは思ったが、実機を触れない状態での予約購入なのでそれは冒険すぎる。

128GBなのは単に、音楽ライブラリをロスレスフォーマットで構築しているため、僕のiPhoneは常に容量不足だからだ。レートが最高の曲だけをスマートプレイリストで抽出して同期しているが、それでもiPhone 5/64GBではぎりぎりの運用だった。128GBモデルの登場は実にありがたい。

色をスペースグレイにしたのは単に好み。僕はアルミの質感を生かしたシルバーにはMacBookシリーズで飽きており、ゴールドはそもそも好みではない。

ではその「iPhone 6/128GB/スペースグレイ」を見ていこう。なおPhile-webを運営する音元出版社内にはiPhone 6の当日購入者はいても、6 Plusを当日ゲットできた方はいなかったので、そちらの実機レビューはできなかった…。残念。

Phone 6の第一印象

前のページ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 次のページ

関連記事