<山本敦のAV進化論>第23回

【レビュー】スマホ連携の音楽機能が大充実!スマートウォッチ“G-SHOCK”「GBA-400」を試す

山本 敦

前のページ 1 2 3 4 次のページ

2014年09月03日
今週は、9月中旬にカシオ計算機から発売される腕時計“G-SHOCK”シリーズのニューモデル「GBA-400」(関連ニュース)をピックアップする。「オーディオビジュアルのサイトで腕時計のレビュー?」と思う方もいるかもしれないが、実はこのG-SHOCK、スマホ連携による“音もの機能”が充実しているモデルなのだ。そこで、その音楽関連の機能を中心に、発売より一足先に使い勝手を試してみた。

音楽機能を充実させた“G-SHOCK”シリーズのスマートウォッチ「GBA-400」

■音楽機能を強化したスマートなG-SHOCK

カシオではBluetoothでスマホと連携して、電話の着信やメール受信を知らせたり、スマホに保存した音楽を再生できるプレーヤー機能を搭載した、言わばスマートウォッチ版“G-SHOCK”シリーズを展開している。ランニングメーターなどフィットネス系の機能を充実させたスポーツウォッチタイプの“PHYS(フィズ)”シリーズにもスマホと連携する「STB-1000」がある。

今回G-SHOCKのラインナップに新しく加わる「GBA-400」は、音楽を楽しむための機能を充実させた点が大きな特徴。メーカー純正の音楽アプリ「G'MIX App」により、多種イコライザー機能を駆使したライブ感豊かな音楽再生が楽しめるほか、周りで流れている音楽の情報をアプリで検索できる。これらの機能をスマホに触れることなく、腕時計のボタンで直接操作できるのが魅力だ。アプリはiOS版とAndroid版の両方が提供されるが、連携機能の動作が確認されている端末がキャリアごとに異なっているので、最新状況は製品の特設サイトで確認して欲しい。

カシオオリジナルの音楽アプリ「G'MIX App」が提供される

極小のバッテリー消費で動作する無線通信規格の「Bluetooth Low Energy」に対応したことで、スマートフォンとの連携による「モバイルリンク機能」を2時間/日使用した場合でも、約2年のバッテリー寿命を実現している。

本体はG-SHOCKシリーズならではの耐衝撃構造。海やプールでも身につけたまま使える20気圧防水機能を装備。ルックスはいかにも“男もの”な感じだが、本体はスマートウォッチの割には軽量だし、レッドやブラック×ゴールドのカラバリなら女性が身につけるのもアリだと思う。時刻表示はデジタルと針によるアナログ表示を両方搭載。筆者としては針の表示が少し見づらく感じたので、実際に使うとしたら正確な時刻の把握はデジタル表示がメインになると思う。

強い磁気や衝撃を受けると針の時刻とデジタル表示の時刻がずれることもある。そんな時にはアプリから針のずれも補正できる


■カシオオリジナルの音楽プレーヤーアプリ「G'MIX App」

それでは、音楽まわりの機能をチェックしていこう。今回は「GBA-400」本体と、公開前のアプリ「G'MIX」をインストールしたiPhone 5sをカシオ計算機からお借りしてテストを行った。

音もの機能は「イコライザー機能だけでもかなり遊べる」

前のページ 1 2 3 4 次のページ

関連記事