iOS機器との連携も強化

アップル、「OS X 10.10 Yosemite」を秋にリリース

ファイル・ウェブ編集部
2014年06月03日
アップルは、開発者向けのカンファレンス「WWDC」にて、OS X 10.10 Yosemiteを発表した。開発者向けのベータ版は本日よりリリースされ、開発者以外も参加できるパブリックベータ版は今年の夏に開始予定。製品版のリリースは2014年秋頃となる。


YosemiteはUIがiOSに近いフラットデザインになり、iOS機器との連携が強化されるなど様々な新機能が追加された。

iOSに近いスーパーフラットなデザインを採用

Yosemiteでは新たにDark Modeが搭載。ツールバーは従来の半透明ホワイトとダークグレイから選択可能となる。また、フォントが新しくなったほか、DockやアイコンもiOSに近いフラットなデザインとなった。

新機能としてiCloud Driveを実装。iCloudに保存した文章がFinderにわかりやすくフォルダ表示される仕様となった。クロスプラットフォームでのタグづけや検索、同期もできる。Windowsとの同期も可能だという。

MacとiPhoneの連携も強化。MacとiPhoneが通話でも連携し、iPhoneへの着信がMacの画面に発信者の名前と共に通知される。そのままMacで電話を受け、通話することもできる。また、iPhoneでメールを書きかけると、Macのドック上には編集中を表すMailアイコンが表示され、クリックするとそのままメールの編集が行える。

iPhoneやiPadとの連携も強化

また、新機能としてInstant Hotspotを搭載。Macの近くにiPhoneがある場合、ネットワーク一覧にiPhoneが自動表示されるので、テザリングの手順が従来より簡単になる。

Mailアプリもアップデート。添付ファイルは、iCloudに保存してリンクを送信することで5GBまでに対応する。

WWDC 2014では、同時に新Safariも発表された。検索機能が強化され、検索窓にはSpotlightやお気に入り検索が統合された。低消費電力化も実現し、1080pのストリーミング動画再生で従来より最長2時間、長く再生できるようになったという。また、JavaScriptの高速化が実現された。

新Safariも発表された

関連記事