安蔵靖志のAV調査隊【第3回】

【レビュー】テレビを手軽に高音質化!ソニーとヤマハの注目サウンドバー/HTシステムを徹底比較

  • Twitter
  • FaceBook
安蔵靖志

前のページ 1 2 3 4 5 6 次のページ

2014年08月08日
「安蔵靖志のAV調査隊」は、IT・家電ジャーナリストの安蔵靖志氏が、毎回体当たりで最新のAVトレンドを「調査」していく企画。第3回目は、今注目のサウンドバー/ホームシアター3モデルを徹底分析。手軽に臨場感あるサウンドが得られるのはどのモデルなのかを検証した。

■テレビ周りのサウンド製品の主役となった「サウンドバー」

ここ数年で、「サウンドバー」(テレビ画面の下に設置するバータイプのスピーカー)を中心としたホームシアター・スピーカーシステムの注目が高まっている。薄型テレビの画質が飛躍的に向上し、今や大型テレビでは「4K」が主流になろうとしている。しかしその半面、ほとんどのテレビの音質はおざなりのままだ。そこで、手軽にテレビの音質をアップできるサウンドバーが人気になっているというわけだ。

今回は安蔵氏が注目のサウンドバー&ホームシアターシステムを視聴。そのサウンドをチェックした

米TechNavioが2014年2月に発表した「Global Soundbar Market 2014-2018」では、グローバルなサウンドバー市場が、2013年から2018年の間に約28.22パーセントの年平均成長率で成長すると予測している。住宅事情が米国などとは異なる日本では、今後もサウンドバーの人気は続くことだろう。

そこで今回は、サウンドバータイプ2機種に、ディスクリート5.1chタイプ1機種も加えた全3機種のホームシアタースピーカーを試聴してみることにした。価格帯もタイプも異なるスピーカーだが、それぞれ音質や楽しみ方に違いはあるのだろうか。

■約3万円から約10万円まで3タイプを試聴

今回テストしたのは、サウンドバータイプはソニーが2014年5月に発売した「HT-CT370」(実勢価格3万4840円)とヤマハが7月に発売した「YSP-2500」(同9万9190円)、ディスクリート5.1chタイプはソニーが5月に発売したBDプレーヤー一体型の「BDV-N1B」(同5万1600円)だ。

まずは、今回試聴した各モデルの特徴を紹介しよう。

・ワイヤレスウーファーが手軽なソニー「HT-CT370」

ソニーの「HT-CT370」はサウンドバーとサブウーファー、どちらも薄型フォルムを採用したモデルだ。カラーはブラックとホワイトの2色をラインアップする。サブウーファーと本体(サウンドバー部)との接続には2.4GHz帯の無線を採用している。縦置き・横置きどちらも可能なので、部屋のデッドスペースに置いたり、テレビラックの中に置いたりできる設置の自由度も魅力だ。

SONY「HT-CT370」(ブラック)

SONY「HT-CT370」(ホワイト)

Bluetooth機能を内蔵しているので、スマートフォンやタブレット、パソコンなどの音楽をワイヤレスで楽しめる。NFC(近距離無線通信規格)にも対応しているので、NFCやおサイフケータイに対応するスマホ・タブレットをタッチするだけでBluetoothの接続が完了する。

YSP-2500とBDV-N1Bのスペックを検証

前のページ 1 2 3 4 5 6 次のページ

関連記事