HOME > ニュース > ソニー、リアスピーカーをワイヤレス設置できる5.1chホームシアターシステム

軽量スピーカーや独自音場補正で設置性に配慮

ソニー、リアスピーカーをワイヤレス設置できる5.1chホームシアターシステム

2013/08/08 ファイル・ウェブ編集部
  • Twitter
  • FaceBook
  • LINE
ソニーは、リアスピーカーをワイヤレス設置できる5.1chスピーカーとBDプレーヤーをセットにしたホームシアターシステム「BDV-N1WL」を8月31日より発売する。価格はオープンだが6万円前後での実売が予想される。

BDV-N1WL

使用イメージ

■ワイヤレス&独自音場補正などで設置性を高めた5.1chシステム

フロントとリア用の薄型スピーカー4本とセンタースピーカー、サブウーファー、アンプ内蔵BDプレーヤーをセットにした5.1chホームシアターシステム。付属レシーバーを使うことで、アンプからリアスピーカーへ音声信号を2.4GHzワイヤレス伝送できる。実用最大出力はフロントが155W+155W、センターが155W、リアが90W+90W、サブウーファーが155Wの総合800W。

リアスピーカーをワイヤレス設置するための信号レシーバー

プレーヤー部

カラーリングはホワイトで、スピーカーは薄型かつ軽量なデザインを採用。壁掛け設置もしやすい仕様にすることで、スピーカースタンドを使用しての5.1chシステム構築が難しいというユーザーに配慮した。そのほかデザイン面では青色LEDによるイルミネーション機能も搭載している。

壁掛け設置したところ

100円ショップで入手できるような簡易的なフックでも壁掛け可能

独自の自動音場補正技術「D.C.A.C DX」により、約30秒で距離/音圧/音響特性を自動補正。さらに、同社パッケージシアター製品として初めて「スピーカーリロケーション機能」を搭載し、スピーカーの音源配置を理想の角度へ再配置することも可能。これによって、例えば部屋の形状や家具の配置などの問題でスピーカーを理想的な位置に配置できない場合でも5.1chサラウンドをきちんと楽しめるようにした。

なお、リアスピーカーを後方に設置できない場合の為に、前方に全スピーカーを設置してフロントサラウンドで視聴する「オールフロントモード」も搭載。同社独自のS-FORCE PRO フロントサラウンド3Dによってバーチャルサラウンド視聴を行える。

スピーカーには、ダンパーレス化することで音の歪みを抑える磁性流体スピーカーユニットを採用。フロント/リア用スピーカーには80mm磁性流体ユニットと20mmソフトドームトゥイーターを、センタースピーカーには60mm磁性流体ユニットを搭載している。サブウーファーのユニットは180mm。

アンプにはフルデジタルアンプS-Masterを採用。そのほか音質関係ではDTS-HDやDOLBY TrueHDなどに対応している。また、プレーヤー部はSACDマルチも再生できるほか、4Kアップコンバート機能も備えている。

プレーヤー部の背面端子部

■実際にブラジルのスタジアムで測定した「サッカーモード」

サウンドモードにはMovie/Music/3D Surround/Soccerなどを用意し、さらにサッカーモードではナレーション(実況解説)のオン/オフ設定も可能。ナレーション音声だけを消すことで、実際にスタジアムで観戦しているかのような感覚で視聴できるようにした。

同モードはナレーションON/ナレーションOFF/モード切の3段階から設定可能。ナレーションモードをオンにすると実況音声はそのままで背景音をエンハンスしてスタジアムの臨場感を向上させ、ナレーションをオフにすることで実況音声を消す。

なお、スタジアムの歓声の音響効果などは、ブラジルの名門チーム、サンパウロFCのホームスタジアムであるモルンビースタジアムで実際に測定しているという。また、今回同時に発表されているサウンドバー「STシリーズ」や2.1chホームシアターシステム「BDV-EF1」も音声モードにサッカーモードを搭載しているが、ナレーションのキャンセルまで可能なのは本機のみ。

イルミネーションを点灯させることも可能

BluetoothおよびNFCにも対応し、AACコーデックにも対応。また、YouTubeやHulu、Music Unlimitedなどのネット動画/音楽再生にも対応。DLNAおよびDTCP-IPにも対応している。

本機のリモコン

また、FMラジオチューナーも搭載するほか、USB端子からはUSBメモリー内の音楽ファイル再生も可能。ハイレゾ音源には非対応だが、WAVやFLAC、AAC、WMA、MP3などの再生に対応している。

そのほか、アプリ「TV Side View」を利用してのスマートフォン/タブレット連携にも対応。スマホ/タブレットをリモコンとして利用したり、スマホ/タブレットで検索したネット動画をテレビに映すなどといったことができる。

この記事をシェアする

  • Twitter
  • FaceBook
  • LINE

関連リンク

製品スペックやデータを見る
  • ジャンル完結型ホームシアターシステム
  • ブランドSONY
  • 型番BDV-N1WL
  • 発売日2013年8月31日
  • 価格¥OPEN(予想実売価格60,000円前後)
【SPEC】●総合出力:800W(フロント155W+155W、センター155W、サラウンド90W+90W、サブウーファー155W) ●外形寸法:フロントスピーカー…約140W×455H×140Dmm(スタンド有)、センタースピーカー…約365W×75H ×75Dmm、サラウンドスピーカー…約140W×455H×140Dmm(スタンド有)、サブウーファー…約280W×440H×280Dmm、本体…約480W×79H×226Dmm(ワイヤレストランシーバー含)、サラウンドアンプ…約206W×60H×236Dmm(ワイヤレストランシーバー含) ●質量:フロントスピーカー…約1.2kg(スタンド有)、センタースピーカー…約1.3kg、サラウンドスピーカー…約1.2kg(スタンド有)、サブウーファー…約8.0kg、本体…約3.1kg(ワイヤレストランシーバー含)、サラウンドアンプ…約1.3kg(ワイヤレストランシーバー含)