【特別企画】はっきり・くっきりした音で聞きやすい

手軽にテレビの音質アップ! ソニー初“ボードタイプ”のシアター「HT-XT1」を試す

折原一也

前のページ 1 2 3 4 次のページ

2014年04月14日
ソニーが満を持して「ボードタイプ」を投入

家電量販店の店頭には、多種多様なホームシアター製品が並んでいる。現在人気があるのはバータイプスピーカーとサブウーファーを組み合わせた「サウンドバー」だが、いま、各社が相次いで製品を投入している新しいタイプのシステムが「ボードタイプ」と呼ばれるシアターだ。ソニーも2014年のラインナップに、満を持して本機「HT-XT1」を投入してきた。

ボードタイプのシアターシステム、ソニー「HT-XT1」

HT-XT1のような「ボードタイプ」のシアターシステムは、どんな人に向けた製品なのだろうか。まずはそこから考えてみよう。

薄型テレビはAVボードの上に置かれているケースが一般的。そしてテレビの回りには小物が並べられていたり、飾り付けがされている家庭も多いことだろう。「サウンドバー」はそんなテレビ前のスペースを使ってサラウンド再生を実現するが、小さなお子さんがいる家庭では触って落としてしまわないか心配、あるいは薄型テレビの前は愛猫の指定席になっている…などなど、サウンドバーの設置が難しい状況も存在する。

HT-XT1は、そんな悩みにしっかりと答える、新しいスタイルのサラウンドシステムだ。薄型テレビの下に置いて設置するので、テレビ下だけのコンパクトなスペースで完結する。これなら家族の理解も得られやすいだろう。さらには愛猫の居場所もしっかり確保できるというわけだ。ちなみに本機のサイズは幅720×高さ72×奥行き310mm、重量は8kgである。

32型の液晶テレビと組み合わせた設置イメージ。50型のテレビまで設置が可能だ

テレビラックに置くだけでなく、写真のようにHT-XT1自体を設置台として使うこともできる

もちろんソニーが作るのだからHT-XT1のサラウンドシステムとしての機能は本格的だ。ソニーは2014年春にホームシアターシステム4機種を投入しているが、なかでも主力モデルの「HT-CT370」と基本的に共通の機能を備えている。

背面の端子部。HT-CT370と同様にHDMI ver2.0対応の入力端子を3系統備えている

先進的な機能と音質、上質な仕上げを実現

前のページ 1 2 3 4 次のページ

関連記事