[連載]高橋敦のオーディオ絶対領域

【第93回】いつかは買いたい? “10万円イヤホン” 4モデル一気聴き!

  • Twitter
  • FaceBook
高橋敦

前のページ 1 2 3 4 5 6 7 次のページ

2014年07月25日

■遮音性

●IE 800|△
●SE846|◎
●W60|○
●Roxanne|○
○K3003|△

屋外利用を前提とするなら、遮音性は音質そのものと同等以上に重要だ。騒音に負けて聴き取れない状態ではどんな高音質もその力を発揮できない。

ただし遮音性についてはハウジングの形状および付属イヤーピースの形状とサイズがユーザーにフィットするか否かで大きく変わる。なのでここでの評価はあくまでも「僕の耳との相性込み」のものとして受け取ってほしい。

それを前提とした上で、遮音性の最上位はSE846だ。耳型を採取して製作するカスタムイヤーモニターではない、ユニバーサル型のイヤホンとしては、SE846を含めたSEシリーズの遮音性は突出したものがある。

ただしその遮音性は耳に巧くフィットするハウジングのおかげという部分も大きそうなので、それとの相性が悪い方だと評価が一段階下がるかもしれない。それでも◎が○になるだけなので、十分に優秀だが。

W60とRoxanneの遮音性も、イヤーモニターの流れを汲む製品としての基準を十分に満たす。イヤモニ系を名乗っていてもそれに値しない遮音性しか備えない製品も散見されるが、この2モデルはそういうものではない。

IE 800は、イヤモニ系の基準には半歩及ばないが、非イヤモニ系としては優秀と言える部類の遮音性だ。コンパクトなハウジングなので筐体自体で耳を塞ぐことができないのはイヤモニ系に対しての不利。また付属イヤーピースがシリコンのみでソフトフォームタイプは付属せず、形状や構造が独特なためコンプライ等も流用しにくい。

しかし一方で、そのコンパクトなハウジングのおかげで、イヤーピースを適当な深さまで簡単にしっかり入れることができる。十分な遮音性の確保には、その有利も働いていると思われる。この点はダイナミック型を含む3ドライバーでありながら十分にコンパクトなK3003も同様。なお繰り返しになるが、ここでの△という評価は、遮音性の高いイヤーモニターの流れを汲む他の3モデルとの相対評価。「イヤホン全般の中での相対評価」ならば○評価にはなる。

■装着性

●IE 800|◎
●SE846|○
●W60|○
●Roxanne|△
○K3003|○

装着性はIE 800が突出してよいと感じる。ハウジングが超コンパクトであり、イヤモニ系ではないのでケーブルを耳の上に回す装着方法の面倒さもない。ケーブルも柔軟。これは誰でも普通に使いやすいだろう。コンパクトさはIE 800には半歩及ばないが、K3003もおおよそ同様に装着感は良好。

SE846とW60、そしてRoxanneは、ケーブルを耳の上に回すイヤーモニター的な装着方法。SE846は耳に接する面のカーブの設定の絶妙さ、W60は加えてイヤモニの流れを汲む製品として珍しいコンパクトさと軽量さもあって、共に装着感は良好。Roxanneは何しろでかいのでその点は気になる。ただ、大きさの割にそれほど重いわけでもなく、ケーブルを耳の上に回すスタイルもあって、装着の安定性に致命的なほどの問題ない。

いよいよ、それぞれの音質傾向に迫っていく

前のページ 1 2 3 4 5 6 7 次のページ

関連記事