圧倒的なNC性能

【レビュー】ボーズ初のノイズキャンセリングイヤホン「QuietComfort 20」

レビュー/山本 敦

前のページ 1 2 3 4 5 次のページ

2013年08月08日

「QC 20i」本体を装着してみる

「StayHear+チップ」の効果も手伝って、イヤホンの装着感は抜群に快適だ。独自の柔らかなシリコン製のイヤーチップは、耳穴の中に深く押し込む必要がないので圧迫感が無く、とても柔らかで優しいフィット感が得られる。チップのデザインをユニークなものにしている“ウィング”と呼ばれる羽根のような突起は、耳介の内側の溝にピタリとはまり、イヤホンのポジションをソフトにキープしてくれる。最初は不安定に思えるのだが、その柔らかさゆえに、多少激しく動き回ってもフレキシブルに動いて、耳からイヤホンが外れないよう調整してくれる。イヤーピースが耳の中でふわっと浮いたまま装着されているような、不思議な着け心地を与えてくれている。

QC 20iには3ボタンタイプのコントローラーが搭載されているが、再生楽曲の送り/戻し操作も含めてボタン操作のレスポンスは非常に良い。ただ余りに反応が良すぎるためか、バッグの中にイヤホンを裸で入れておいた時に、いつの間にか誤操作でボタンが押されていて、音楽が鳴っていたということがテスト中に何度かあった。

QC 20iは3ボタン式のマイクコントローラーを採用する

マイクはコントローラーの背面にある

コントローラーには「Awareモード」のON/OFF操作用のボタンも配置されている。「Awareモード」のテスト結果についてはまた後ほど詳しく紹介しようと思う。

音質のチェックレポートに入る前に、QC 20iのディテールをフォトレポートでご紹介しておこう。

イヤホン部。外側にボーズのロゴを配置

ハウジングのパンチングメタル処理のパーツ裏側にTriPortの穴が配置されているという


「StayHear+チップ」

チップを外したところ


ノズルの穴は少し大きめ。ゴミが奥に落下しないようフィルターが配置されている

本体のフックにイヤーチップの溝をはめ込むかたちで装着する


本体を上から見たところ

下から見たところ

「QC 20i」のサウンドをチェック

前のページ 1 2 3 4 5 次のページ

関連記事