HOME > レビュー > 【第43回】「人気声優×人気イヤホン」相性が良いのは? 怒濤の28組み合わせ総当たりテスト!

[連載]高橋敦のオーディオ絶対領域

【第43回】「人気声優×人気イヤホン」相性が良いのは? 怒濤の28組み合わせ総当たりテスト!

2013/04/19 高橋敦
  • Twitter
  • FaceBook
  • LINE

・中島愛「そんなこと裏のまた裏話でしょ?」


ポイントというか注釈なのだが、この曲、中島愛さんの曲としてはちょっとイレギュラーな曲調ですよね?なのでこの曲で中島愛さんの曲一般と各イヤホンとの相性を見るのは難しい気もする。しかし彼女の素直で伸びやかな声と幅広い表現力はこのような曲調でも変わらずに発揮されており、そこに注目すれば中島愛×イヤホンの検証は十分にできるはずだ。…やってみましょう!

というわけで注目点としては、Aメロのあまり動かないメロディの中での多彩な表現、Bメロの表情の豊かさ、そしてサビ直前「ふにゃあ」のかわらいしさとサビの間の手「コシコシコシ」等のキレといったところ。相性表は以下の通り。

SE215SPE|★★★★・|
ERー4S   |★★★★★|
XBAー30  |★★★★・|
K3003   |★★★★・|

それぞれのポイントを説明していこう。

「中島愛×SE215 SPE」の相性評価は4点。よい感じです。歌の抑揚などの機微も十分に描き込まれていて、感情がころころと移り変わっていく、この歌の面白味が生かされている。またこのイヤホンの強みである中低音の厚みが声にも発揮されており、肉声的な充実感があるのも嬉しいところ。「コシコシコシ」のキレはスパッとした感じではなく、微妙なニュアンスなのだがどちらかというと、バシッとした感じ。少し荒い。

なおこのイヤホンは、このアップテンポの曲のドライブ感を引き出すという点については特に相性がよい。パワーがダンチ。ベースとドラムスに大柄な迫力がある。シンセの音色が派手なのもよい。

「中島愛×ER-4S」の相性評価は5点!意外なベストマッチ!声のすっきり感とクリアさが秀逸で、おかげで細かな表現がより細やかに明瞭に届いてくる。特にAメロでは、語尾のニュアンスの豊富さや声をほんの一瞬だけ裏返らせるところなど、多彩な表現を楽しめる。「コシコシコシ」のキレもスパッと決まっている。曲のブリッジ(展開)部分の切ないメロディも、まめぐさんの声をやや細身にすることでその切なさが強まっている印象だ。

そして「ふにゃあ」が心へ侵入してくる感はこれがいちばん強い!曲全体を聴くとロック的な厚みや荒っぽい迫力に欠けることは否めないのだが、何しろ主役のボーカルが素晴らしいので、この企画としては満点だ。

「中島愛×XBA-30」の相性評価は4点。これもかなりよい。誰の声、誰の歌を聴いても、このイヤホンで聴くと声が艶やか。その点はやはり抜きん出たものがある。Aメロの抑揚などの表現も十分に描き込まれているし、「ふにゃあ」はやはりこのイヤホンならではの柔らかさでかわいらしい。しかしその分「コシコシコシ」のキレは控えめ。曲全体のロック感も控えめ。落ち着いたまとまりが持ち味だ。

「中島愛×K3003」の相性評価は4点。これも上々だ。このイヤホンは、今回のテストでは柔らかめのXBA-30との対比でそこが特に印象的なのだが、シャープな描写に強みを見せる。しかしそのシャープさが過剰ではない。そのバランス感覚がさすが老舗AKGのトップエンドだ。中島愛さんの声もほどよく“ちょい”シャープですっとしている。そのやや細身の声のおかげで歌の切ない部分の切なさが加速されるのがポイント。すると歌の弾けている部分との対比がより鮮やかになる。「ふにゃあ」もクリアだし、「コシコシコシ」のキレも見事。後ろの楽器隊もクリアで文句なし。

次ページそろそろ大詰め、次は坂本真綾「モアザンワーズ」

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 次へ

この記事をシェアする

  • Twitter
  • FaceBook
  • LINE