[連載]高橋敦のオーディオ絶対領域

【第28回】高音質&小型の“理想ハイレゾDAP”!? Astell&Kern「AK100」徹底チェック

高橋敦

前のページ 1 2 3 次のページ

2012年12月21日
■ハイパフォーマンスと小型化を両立した“理想”のDAPが登場!?

高音質でハイレゾ対応のポータブルプレーヤーがほしい。しかしでかいのはお断りだっ!

…と思っている方も少なからずおられるのではないだろうか。音が良ければ全て良しとまでは割り切れない、毎日使うのだから、身軽さ気軽さ“も”それなりに重視したい。

しかし高音質ポータブルプレーヤーはマニア向け製品。そのマニア層に訴えるために音質最優先で多少の(?)巨大化は止むを得ずとした製品が目立っていた。それはそれで価値があるのだが、僕としては前述のようなニーズに応える選択肢もあってほしいと以前から感じていた。

今回そんな前置きで紹介するのは、新ブランドAstell&Kernから登場した「AK100」だ。実売価格は5万5,000円程度。Astell&Kernは、MP3プレーヤー時代からの定番ブランドiriverが新たに展開するハイエンド向けブランドだ。

裏面とディスプレイ以外はいい感じに細やかなヘアライン仕上げ。裏面はクリア素材でカバーされた艶々のブラック

まさにちょうど手のひらサイズ。ほどよい重さも含めて持ち心地もいい感じ

本機の特徴は、製品サイトのひとつの文章に実にわかりやすくまとめられている。ここはそのまま引用させてもらおう。

「高級パーツを多数組み合わせることなく、ハイパフォーマンスと小型化を同時に可能にし、音質面においては音響特性に癖が少なくクリア且つニュートラル」

…なにそれ理想的なんですけど。

■仕様を徹底チェック! レスポンスの良さは特筆に値する

こう言われてしまってはチェックせざるを得ない。まずは「高級パーツを〜音質面においては〜」のところをもう少し具体的に紹介しよう。

クオリティ面では、定評ある英国ウォルフソン社製のハイエンドDACチップ「WM8740」を採用し、その性能を限界まで引き出していることが特長とのこと。サイズとしては59.2W×79H×14.4Dmm。上記の写真のように手のひらに収まる。重さは122g。サイズが小さくて密度感があるために体感的にはもう少し重いが、気になるほどではない。

では例によって使い勝手からチェックしていこう。

操作インターフェースは3つ。タッチパネルディスプレイ、再生・停止と前後スキップのボタン、そして音量のダイヤルだ。

タッチパネルは2.4インチ(約4.9mm×約3.7mm)と小さめなので操作性には少し不安を感じていたが、意外と悪くはない。インターフェースのデザインは特に変わったことはなく、階層メニューで音楽ライブラリをブラウズして、曲を選択して再生する流れだ。ボタン等のインターフェース要素は、小さめの画面でも操作に支障がないように適当に配置されている。

トップメニューから「アーティスト」を選んでブラウジングに進んだ画面。見ての通りオーソドックス。小さいながらアートワークのサムネイルも表示される

再生中の曲の情報&操作画面。左下のリストアイコンでブラウズ画面に戻り、右下のナット(六角)アイコンからはプレイリストへの追加やより細かい情報の表示などが行える

特筆できるのはタッチ操作へのレスポンスの良さ。タッチすると、ほんのほんの一瞬だけウェイトマークが表示されることがあるが、そのマークを表示する意味がないほどに素早く画面が切り替わる。というか、これだけ速いのにあえてウェイトマークを表示させて「待たせてます」感を出す意味がわからない。それも含めて操作性については、ハイエンドポータブルの中では優秀機であると評価したい。

絶対領域はブレません。ぶっちゃけ改善をのぞみたい点も…

前のページ 1 2 3 次のページ

関連記事