【特別企画】”音の遅れ”を徹底排除したサブウーファー

ECLIPSE「TD725sw」が最高峰であり続ける理由

鴻池賢三

前のページ 1 2 3 4 5 次のページ

2013年01月25日
■TD725swがロングランヒットを続ける理由とは

2006年に登場して以来、今もなお、最新製品の追随を許さず高い評価を得続けている銘機がある。「TD725sw」だ。VGPをはじめ、国内外で多数の受賞経歴を持つ同機の真価とは何か。その背景を深掘りすると、単なるイメージやフィロソフィーといった概念にとどまらず、音質を劣化させないための知見と製品への確実なフィードバックが見えてきた。今回は、同機が高い評価を受ける理由を、技術面からロジカルに解き明かしていく。

ECLIPSE「TD725sw」(¥441,000/税込)

■スピーカーが抱える問題点

現在主流となっている「フレミング左手の法則」を応用したダイナミック型スピーカーは、発明されてから約100年が経った今も、基本の動作原理は変わっていない。音を発生させるのに最も合理的な方式の一つと言える半面、音質面では課題も残っている。例えば、コーンなどの可動部には慣性が働き、入力した電気信号に対し、寸分違わず追随するのは不可能であり、音を劣化させる要因になる。元の音楽信号を忠実に再現するという観点では、エンクロージャーの鳴きなども含め、音質劣化の要因どこまで低減できるかが鍵と言えるだろう。

また、ホームシアター環境では、比較的口径の小さいサテライトスピーカーと、大口径のサブウーファーを組み合わせることになる。この点からしてサブウーファーには遅延が発生しがちであり、特に注意すべき問題である。

イコライザーはサブウーファーにとって有害!?

前のページ 1 2 3 4 5 次のページ

関連記事