今夏には5G対応へ

UQ mobile、データ容量を翌月に繰り越せる「くりこしプラン」。割引条件なし、月額1,480円から

編集部:平山洸太
2021年01月13日
KDDI、沖縄セルラーは、UQ mobileの新料金プラン「くりこしプラン」を2021年2月1日から提供する。また、2021年夏には5Gに対応すると発表した。

「複雑な割引条件がないシンプルな料金で、ひとりでもおトク」をコンセプトにした新プラン。月額1,480円/3GBのくりこしプランS、月額2,480円/15GBのくりこしプランM、月額3,480円/25GBのくりこしプランMの3種類をラインナップする。

データ容量を翌月まで繰り越せることが大きな特徴。データ消費ゼロの「節約モード」や、利用用途に合わせて選択できる「通話オプション」も引き続き用意する。なお、データ容量超過時の通信速度はプランSが最大300kbps、プランM/Lが最大1Mbpsとなる。

同社は本日、3つの新料金プランを発表。オンライン専用の月額2,480円/20GB「povo」、大容量を特徴とした「使い放題MAX 5G」「使い放題MAX 4G」、そして「くりこしプラン」は、小中容量向けだと位置づけている。

関連記事