2018年スタートのSNS

「+メッセージ」利用者が2,000万人突破。150万人に最大2万円分ポイントが当たる記念キャンペーン

編集部:成藤 正宣
2020年11月10日
ソフトバンク/NTTドコモ/KDDIの3社は、ショートメッセージサービス「+メッセージ」の利用者が2,000万人を突破したことを記念した「『+メッセージ』2,000万人突破キャンペーン!」を本日11月10日から12月13日まで実施する。

キャンペーンには各社が指定する「+メッセージ」公式アカウントから応募可能で、各キャリアごとに抽選で合計50万名に、各キャリアで使えるポイントが最大20,000ポイントプレゼントされる。ソフトバンクではPayPayボーナス、NTTドコモではdポイント、KDDIではPontaポイントがプレゼントされる。

なお、各キャリアごとに当選したポイントの加算時期や有効期限など特典内容が異なる。詳しくは下記の各キャリアキャンペーン情報ページを参照のこと。

+メッセージは2018年5月から提供を開始した、携帯電話番号だけで利用できるメッセージサービス。写真や動画、スタンプ送信機能のほか、企業向けの公式アカウント機能も用意。また今後、メッセージを読んでほしい相手を指定できるメンション機能の追加や、UIの使いやすい変更なども予定しているという。

キャンペーン詳細

ソフトバンク(https://www.softbank.jp/mobile/campaigns/list/plus-message-04/)
NTTドコモ(https://service.smt.docomo.ne.jp/msg/plus_message/cmp2011/index.html)
KDDI(https://media2.kddi.com/msg/campaign/thanks-cp/#notice)

関連記事