心肺機能のレベルを知ることも

watchOS 7.2公開、心肺機能低下で自動通知。心電図機能を台湾に追加

  • Twitter
  • FaceBook
PHILE WEB編集部
2020年12月15日
アップルは、Apple Watch用のOS「watchOS 7.2」を提供開始した。新たに台湾で、Apple Watch Series 4以降の「心電図」アプリに対応したが、日本では提供されていない。

なお、心電図アプリを利用できるほとんどの地域で、心拍数が100 BPMを超えたときに心房細動を分類することが可能になったという。

また、心肺機能レベルが低下したときに通知するオプションを追加した。最大酸素摂取量を測定し、分析することで実現した。

iOS 14.3とwatchOS 7.2を組み合わせることで、Apple WatchのユーザーはiPhoneの「ヘルスケア」アプリで自分の心肺機能のレベルを確認でき、心肺機能のレベルが「低い」となった場合に、Apple Watch上で通知を受け取れる。

さらに、自分の心肺機能のレベルを、「Fitness Registry and Importance of Exercise National Database」(FRIEND)のデータで参照された同年代の同性の人たちと比較し、「高い」「平均より上」「平均より下」「低い」のどれに評価されるのかを確認できるという。

毎日の心肺機能の変化をグラフで表示することも可能に

同社ではこれらの機能について、「ユーザーが長期的な健康効果を飛躍的に高めるために、より活動的に動くことの動機付けになる」とアピールしている。

関連リンク

関連記事