HOME > ニュース > Apple Watchの文字盤共有。手洗い検出や睡眠追跡、聴覚保護も。watchOS 7発表

ヘルスケア機能を強化

Apple Watchの文字盤共有。手洗い検出や睡眠追跡、聴覚保護も。watchOS 7発表

2020/06/23 編集部:押野 由宇
  • Twitter
  • FaceBook
  • LINE
アップルは開発者向け会議「WWDC2020」で、Apple Watchに搭載する最新OSバージョン「watchOS 7」を発表した。

watchOS 7が発表

watchOS 7では文字盤のデザインであるウォッチフェイスを共有可能になる。様々なサードパーティのものをウェブで検索する、SNSやメールを介して入手する、といったかたちで、気に入ったデザインが利用できる。

ウォッチフェイスが共有可能に

また、健康面に関する機能を強化。スリープトラッキング機能を追加した。睡眠時間や、いつ睡眠に入ったかなどを検知するほか、就寝前に行うべきことなどを判断し、適切な音楽再生や瞑想アプリなどを使用するなど睡眠を促すことができる。

睡眠状況を管理できる

睡眠に入るとApple Watchもスリープモードとなり、画面が暗くなる。また起床時には振動や、穏やかな音で目覚められるように設定が可能となっている。

また、手洗い検出機能も追加。モーションセンサーやマイク、機械学習を利用することで、手洗いの動きと音を検知。感染予防として、20秒間のカウントを表示して手洗いをサポートするほか、外出からの帰宅時などには手洗いを促す。

手洗いを促す機能も追加

Workoutアプリでは、コアトレーニング、ダンス、機能筋力トレーニング、クールダウンのタイプを追加。腕の振りなど複雑な動きに対応するため高度なセンサー技術を用いて開発されており、ダンスのカロリー消費量などを正しく計算できるようになっている。

加えて「アクティビティ」アプリでは、「フィットネス」へと名称が変更された。

そして、聴覚保護機能として、推奨される音楽リスニング時間/音量を超えた場合に音声通知を行なう機能が追加された。iPhoneのヘルスアプリからリスニング時間の確認が行え、音量レベルを制御することもできる。

この記事をシェアする

  • Twitter
  • FaceBook
  • LINE

トピック