「MagSafe充電器」など

アップル「iPhone 12」はマグネット固定「MagSafe」を採用。公式サイトに対応アクセサリー登場

ファイルウェブ編集部
2020年10月14日
アップルが発表した「iPhone 12」シリーズでは、マグネットによりアクセサリーやワイヤレス充電器を貼り付ける「MagSafe」技術が採用されている。

MagSafe対応アクセサリー

スマホケースやレザーウォレットなどの対応アクセサリーは、スマホに吸い付くようにピッタリと装着できるようになり、手軽な取り外しが行える。シールド機能を備えており、クレジットカードなども入れることができるとしている。

「MagSafe充電器」

ワイヤレス充電器「MagSafe充電器」も登場。iPhone 12やiPhone 12 Proが、マグネットにより充電器に対して完璧な位置に定まることから、従来以上の高速充電を実現できる。

アップル公式サイトにはMagSafe対応アクセサリーが登場。いずれのアイテムもまだ発売日こそ明らかになっていないものの、「MagSafe充電器」は4,500円(税抜)、対応クリアケース/シリコンケースは5,500円(税抜)、レザーウォレットが6,800円(税抜)で掲載。まもなく登場とされている。

MagSafe対応iPhone 12 & iPhone 12 Proクリアケース

関連記事