カードリーダーも同時展開

ソニー、世界初のCFexpress Type Aメモリーカード「CEA-G160T/CEA-G80T」

編集部:平山洸太
2020年07月29日
ソニーは、CFexpress Type Aメモリーカード「CEA-G160T/CEA-G80T」を10月9日に発売する。価格はオープンだが、160GBのCEA-G160Tが46,000円前後、80GBのCEA-G80Tが24,000円前後での実売が予想される。合わせてカードリーダー「MRW-G2」も用意され、実売予想価格は15,000円前後。

「CEA-G80T」

「CEA-G106T」

コンパクト形状と高速性能を両立した新規格「CFexpress Type A」のメモリーカードとして、市場に初めて投入されるモデル。SDカード相当のコンパクト設計ながらも、UHS-II SDと比較して2倍以上の高速書き込みに対応する。

最大読み出しは800MB/sで、最大書き込みは700MB/s。独自のTOUGH仕様として、規格比約10倍の曲げ強度150ニュートン、規格比約5倍の落下強度7.5メートルに対応する。IP57の防塵防水も備える。

無償ダウンロードのソフトウェアとして、メモリーの状態診断ソフト「Media Scan Utility」、データ復旧ソフト「Memory Card File Rescue」も用意する。

同時発売となるカードリーダー「MRW-G2」は、CFexpress Type Aに加えてSDにも対応。USB 3.2 Gen 2に対応し、高速転送を実現するという。また付属品として、USB-C to USB-C、USB-C to USB-Aのケーブル2本を同梱する。

「MRW-G2」

関連リンク

関連記事