64GB/実売18,500円前後

ソニー、“音の良い”microSDカードを発売 − ウォークマンなどハイレゾDAP向け

ファイル・ウェブ編集部
2015年02月19日
ソニーは、データ読み出し時に発生する電気的ノイズの抑制を図るなどで高音質化したmicroSDXCメモリーカード「SR-64HXA」を3月5日より発売する。価格はオープンだが18,500円前後での実売が予想される。

SR-64HXA

容量64GB、SDスピードクラスがClass10のSDXCカード。ウォークマンやハイレゾ再生対応デジタルオーディオプレーヤーなどでの利用を想定しており、同社では「ソニーだからこそできる業界初の『高音質再生のためのメモリーカード』」と説明している。SDカードサイズへの変換アダプター「SRAC-A1」が付属。また、「メモリーカードファイルレスキュー」と「x-Pict Story」をダウンロード特典として提供する。

変換アダプターが付属

背面

通常、メモリーカードからデータを読み出す際には微弱な電気的ノイズが発生する。今回の製品では音質に影響があると思われる部分に対策を施し、この電気的ノイズに含まれる、再生機器の部品や回路に悪影響を与えるノイズを低減させた。これにより再生機器への影響を低減させ、音源が本来持つスムーズな音のつながり、澄んだ音場の広がり、粒立ちの良さ、みずみずしさを再現するという。

周波数解析データの従来品との比較

開発にあたっては実際の再生音をヒアリング評価し、スムーズな音のつながりやクリアな音場をもたらす最適な調整ポイントを策定。同社では、開発できた背景についてオーディオ機器を手がけるサウンド事業部門とSDカード等のメディア事業部門を両方持っていることを挙げている。

通常のmicroSDカードとの比較。本製品には「for Premium Sound」と記されている

192kz/24bitのFLACで約200曲を保存可能

また、従来のメモリーカードでは転送速度の高速化も重視されていたが、今回は“オーディオに支障ない範囲”で必要以上に高速性を求めなかった。こうして信号を安定させることに配慮した設計も採用している。

パッケージ

なお、一般的なメモリーカードではフラッシュの世代交代などを受けてロットごとに部品や材料が変更されることも多い。しかし本製品では部品や材料を厳選して管理し、どのロットであっても音質のクオリティを維持するよう努めている。

そのほか、ダウンロード特典の「メモリーカードファイルレスキュー」は、保存していたデータの読み書きができなくなった場合に可能な範囲でデータを復旧させるソフト(著作権保護されたファイルやゲームデータには非対応)。「x-Pict Story」は写真からのビデオクリップ自動作成ソフトで、デジタルカメラで撮影した写真から簡単にビデオ・クリップを作ることができる。

関連リンク

新着記事を見る
  • ジャンルSDメモリーカード
  • ブランドSONY
  • 型番SR-64HXA
  • 発売日2015年3月5日
  • 価格¥OPEN(予想実売価格18,500円前後)
【SPEC】●容量:64GB ●SDスピードクラス:Class10

関連記事