音楽再生のバグ修正も

Apple Watchでアプリ内課金に対応。「watchOS 6.2」提供開始

編集部:風間雄介
2020年03月25日
アップルは、Apple Watch向けのOS最新バージョン「watchOS 6.2」を提供開始した。

watchOS 6.2では、Apple Watch向けアプリのアプリ内課金に対応。また、チリやニュージーランド、トルコで心拍についての通知が使用可能になった。

そのほかバグ修正では、Wi-FiからBluetooth接続に切り替えると音楽の再生が一時停止することがある問題を修正した。

なおwatchOS 6以降では、iPhoneがなくても、Apple Watch単体でOSのアップデートが可能になっている。

関連リンク

関連記事