バグ修正も

Apple Watch向け「watchOS 6.1」提供開始、Series 1/2でも利用可能に。AirPods Proも対応

編集部:風間雄介
2019年10月30日
アップルは、Apple Watch向けのOS「watchOS 6.1」を提供開始した。

watchOS 6は9月に提供開始されていたが、Apple Watch Series 1/Series 2向けの提供は「年内」に行われるとアナウンスされていた。今回のwatchOS 6.1から、Apple Watch Series 1/Series 2ユーザーもwatchOS 6を利用可能になる。

さらにwatchOS 6.1では、同社初のノイズキャンセリング機能搭載完全ワイヤレスイヤホン「AirPods Pro」の操作やモード切替えなども可能になる。

そのほかバグの修正・改善も行われているという。

関連リンク

関連記事