バグ修正も実施

iPadOS 13.5提供開始、Face ID動作変更でマスク対応。グループFaceTimeも強化

編集部:風間雄介
2020年05月21日
アップルは、iPad向けのOS、iPadOS 13.5を提供開始した。

同時に提供開始された「iOS 13.5」と同じく、Face IDの動作を変更。マスクを着用しながら、Face ID搭載デバイスでロック解除するため画面の下から上にスワイプすると、パスコードの入力フィールドが自動的に表示されるようになった。

これまではマスク着用していても顔を認識しようとして失敗したりなど、時間がかかることがあったが、これを改善し、素早くロック解除できるようにした。なお、この機能はロック解除だけでなく、Face ID認証対応したその他アプリでの認証時にも使用できる。

またiPadOS 13.5では、グループFaceTime通話で参加者が会話している際、ビデオタイルのサイズが変更されないよう、自動的に目立たせる機能も追加された。

このアップデートではバグも修正。一部のウェブサイトからストリーミングビデオを再生しようとした際、黒い画面が表示されることがあるバグを修正した。また、共有シートでおすすめやアクションが読み込まれないことがある問題も修正した。

関連リンク

関連記事