バグ修正も多数

アップル、iOS 13.2提供開始。AirPods機能強化、高画質撮影「Deep Fusion」も

編集部:風間雄介
2019年10月29日
アップルは、iPhone/iPod touch向けの「iOS 13.2」を提供開始した。

iOS 13.2はAirPodsの機能を強化。「Siriで着信メッセージを読み上げ」により、受け取ったメッセージを読み上げ、AirPodsで聞くことが可能になった。また、新モデルの「AirPods Pro」にも対応している。

さらに、これは以前から告知されていた機能だが、iPhone 11、iPhone 11 Pro、iPhone 11 Pro Maxについては、搭載した「A13 Bionic」チップのNeural Engineを使用し、低照度下で撮影した画像の質感と細部の表現を向上させ、低ノイズに仕上げる高度な画像処理システム「Deep Fusion」が追加された。

Deep Fusionは、様々な露出の画像を複数取り込み、ピクセル単位で解析を実行。各画像の良い部分を合成するというもの。

そのほか、絵文字も70種類以上を追加したほか、「ホーム」アプリでは「HomeKitセキュアビデオ」を使用し、防犯カメラからのビデオを暗号化し非公開で収録、保存、および表示が行えるようになった。

そのほかバグ修正も多数行われており、他社製アプリでパスワードを自動入力できない場合がある問題、“検索”を使用するときにキーボードが表示されない場合がある問題、スワイプしてホーム画面に移動する機能がiPhone X以降で動作しない場合がある問題、“メッセージ”で、通知を繰り返すオプションがオンになっているときに通知が1回しか送信されない問題などを修正。

ほかにも、“メッセージ”に連絡先の名前ではなく電話番号が表示される場合がある問題、“連絡先”で連絡先のリストではなく前回開いた連絡先が表示される問題、マークアップした注釈が保存されない場合がある問題、保存したメモが一時的に消えてしまうことがある問題、“設定”の“今すぐバックアップを作成”をタップした後で、iCloudバックアップが正常に完了しない場合がある問題なども改善されている。

関連リンク

関連記事