バックアップから復元できないバグも

アップルが「iOS 13.1.1」提供開始。バッテリーが早く減るバグなど改善

編集部:風間雄介
2019年09月28日
アップルは、iPhone/iPod touch向けのOS「iOS 13.1.1」を無償で提供開始した。

同社は9月20日に「iOS 13」を提供開始。それから5日後の9月25日に「iOS 13.1」をリリースしていたが、今回はそれに続くマイナーアップデートとなる。

iOS 13.1.1では、バッテリーの消耗が通常より速い場合がある問題に対処。さらに、iPhoneがバックアップから復元できない場合がある問題を修正した。

そのほかiPhone 11/11 Pro/ 11 Pro Maxで、Siriへのリクエストが正しく認識されない問題にも対応。また“メール” アプリで、Yahooアカウントを追加するときの安定性も改善した。

さらに、Safariで検索候補をオフにしても有効に戻る場合がある問題、“リマインダー”で同期が遅延する問題、他社製のキーボードアプリで発生するセキュリティの問題などを修正している。

関連リンク

関連記事