「iPadOS 13.2.2」も提供開始

「iOS 13.2.2」配信開始。バックグラウンドアプリ強制終了やモバイル通信のバグ改善

編集部:風間雄介
2019年11月08日
アップルは、iPhone/iPod touch向けのOSとして、「iOS 13.2.2」を提供開始した。

iOS 13.2.2では、バックグラウンドで実行中のアプリが、予期せず終了する場合があるバグを修正した。

またiPhoneで、モバイルデータ通信を一時的に利用できなくなるバグ、通話後にモバイル通信サービスを一時的に利用できなくなる場愛があるバグも解決した。

そのほか、Exchangeアカウント間でS/MIME暗号化メールメッセージへの返信内容が読めなくなる問題、SafariでKerberosシングルサインオンサービスを使用すると認証要求が表示される場合がある問題。YubiKeyのLightning給電アクセサリで充電が中断される場合がある問題なども修正している。

さらに同社は、iPad向けの「iPadOS 13.2.2」も提供開始している。こちらも、アプリがバックグラウンドで実行中に予期せず終了する場合がある問題を修正しているほか、Exchangeアカウント間でのメッセージの問題、SafariやYubiKeyのLightning給電アクセサリーなどの問題も修正している。

関連リンク

関連記事