Magic Keyboardにも対応

アップル、「iPadOS 13.4」提供開始。マウスとトラックパッドに対応

編集部:風間雄介
2020年03月25日
アップルは、iPad向けの新OS「iPadOS 13.4」を提供開始した。新たにマウスとトラックパッドに対応し、マルチタッチジェスチャーなども操作に使用できる。また、新たなミー文字ステッカーや“ファイル” AppにはiCloud Driveフォルダ共有が追加された。

マウスとトラックパッドへの対応では、Magic Mouse、Magic Mouse 2、Magic Trackpad、Magic Trackpad 2、および他社製のBluetoothマウスとUSBマウスに対応した。さらに、5月発売予定のiPad用Magic Keyboardにも対応し、12.9インチiPad Pro(第3世代以降)と11インチiPad Pro(第1世代以降)で使用できる。

トラックパッドのマルチタッチジェスチャーでは、クロール、Appスペース間のスワイプ、ホーム画面への移動、アプリスイッチャーへのアクセス、拡大/縮小、タップでクリック、副ボタンのクリック(右クリック)、およびページ間のスワイプが行える。

マウス/トラックパッド操作では、新たなカーソル設計を採用。ホーム画面とDockのAppアイコン、およびアプリのボタンとコントロールを強調表示できる。

キーボードについては、日本語のライブ変換に対応。自動的にテキストを変換してくれる。また

また「ファイル」アプリでは、iCloud Driveフォルダ共有がアプリで行えるようになり、参加依頼をした人にアクセスを制限したり、リンクを知っている人はアクセスを許可するなどのコントロールも可能だ。ファイルの閲覧とダウンロードのみに行動を制限するなどの権限設定も行える。

そのほか、ミー文字では9つの新しいミー文字ステッカー(“笑顔とハート”、“ごめんなさい”、“パーティーフェイス”など)を追加。また「メール」アプリでは、メッセージの削除、移動、返信、作成が常に表示されるようにUIを改良。S/MIMEが設定されている場合、暗号化メールへの返信を自動的に暗号化するなど、セキュリティも強化した。

App Storeでは、ユニバーサル購入へ対応。特定のアプリを一度購入するだけで、iPhone、iPod touch、iPad、Mac、Apple TVのすべてで使用できる。また「Apple Arcade」では、最近プレイしたArcadeゲームが“Arcade”タブに表示されるようになった。

バグ修正も多数行われている。主なバグ修正は以下の通り。

・“カメラ”を起動した後にファインダーに黒い画面が表示されることがある問題を修正
・“写真”がストレージを過剰に使用しているように見える問題に対処
・iMessageが無効になっているときに“写真”から“メッセージ”にイメージを共有できないことがある問題を解決
・“メール”でメッセージの順序が乱れることがある問題を修正
・“メール”のスレッドに空の行が表示されることがある問題に対処
・クイックルックの“共有”ボタンをタップすると“メール”がクラッシュすることがある問題を解決
・“設定”でモバイルデータ通信が誤ってオフと表示されることがある問題を修正
・“設定”でYahoo! Japanアカウントにサインインできないことがある問題を修正
・ダークモードと反転(スマート)の両方をオンにしたときにSafariでWebページの表示が反転されないことがある問題に対処
・ダークモードがオンときに、他社製AppのWebコンテンツからコピーしたテキストを貼り付けても表示されない問題を解決
・SafariでCAPTCHAタイルが正常に表示されないことがある問題を修正
・“リマインダー”で期限超過の繰り返しリマインダーを実行済みとしてマークするまで新しい通知が発行されない可能性がある問題に対処
・“リマインダー”で実行済みのリマインダーについての通知が送信されることがある問題を解決
・サインインしていなくても、Pages、Numbers、およびKeynoteでiCloud Driveが利用できるように表示される問題を修正
・Apple Musicでのミュージックビデオが高品質でストリーミングされないことがある問題に対処
・“ホーム” Appで防犯カメラからの活動の通知をタップすると別の録画が開かれることがある問題に対処
・スクリーンショットから“共有”メニューをタップすると“ショートカット”が表示されないことがある問題を解決
・ビルマ語キーボードの改善により、句読点に数字と記号からアクセス可能

関連リンク

関連記事