ミニレビュー

Mac+iPadで “超” 快適2画面、macOS Catalina「Sidecar」が驚くほど便利!

編集部:風間雄介
2019年10月10日
iPadOSの登場から少し遅れて、アップルから「macOS Catalina」が提供開始された。

macOS Catalinaには数々の新機能が搭載され、ユーザーインターフェースも刷新されており、全体的にとても使いやすくなった。中でも今回の新機能で、個人的に大ヒットだったのが「Sidecar」だ。

Sidecarの本来の意味は、バイクの横にもうひとつ座席を付けた乗り物。その名称の通り、新macOSのそれは、MacとiPadがつかず離れず連携する機能で、具体的にはMacとiPadで2画面環境をかんたんに実現できる。

MacBook Pro(2018)とiPad Pro(2018)でSidecar環境を作った

設定はとにかくかんたん。MacとiPadで同じiCloudにログインし、同じネットワーク内に置いておけば、Macのメニューバーの画面共有アイコンからiPadを選択できるようになる。

すると、即座にiPad Proが2枚目のディスプレイとして機能しはじめる。PCの横に置いてサブディスプレイとして使うこともできるし、Macと同じ画面をミラーリングすることもできる。

Macのメニューから選択するだけですぐにiPadがサブディスプレイに変身する

なんと言っても素晴らしいのは、ワイヤレスなのに遅延がほぼ皆無で、さらに圧縮ノイズがほとんど感じられないレベルに抑え込まれていることだ。わざと速くウインドウを動かしてみても、まったく破綻が起きない。このスムーズな使用感は、使ってみて本当に驚いた。

これまで記者は「Duet」など、iPadをセカンドスクリーン化するアプリをいくつか購入して試してきた。ただ、いちいちケーブルをつながなければいけなかったり、ケーブルをつないでも遅延やブロックノイズが多かったりなどで、結局まともに使えず、途中で使用を諦めてきた。対してこのSidecarは、純正ならではのメリットを活かし、非常にスムーズな連携を実現している。

連携機能の作り込みは、もっと細かなところにも及んでいる。たとえばiPadがスリープ状態でも、MacでSidecarアイコンをクリックすると、iPadが自動で起ち上がり、即座にサブディスプレイが表示される。いちいちiPadのスリープを解除する一手間が省けるだけで、使い勝手がずいぶん高まる。

また、iPadをいったん接続解除し、もう一度Sidecarで表示した際、前に表示していたアプリを覚えているのもありがたい。たとえばサブディスプレイにカレンダーアプリを置いておき、いったんアプリを終了。すると当然ウインドウが消えるが、もう一度アプリを起ち上げ直すと、Mac側でなくiPad側に、カレンダーアプリが同じウインドウサイズで表示される。本当に気が利いていると感心させられる。

iPad側の画面には、Dockの表示/非表示やコマンド/シフト/コントロールなどのボタン、そしてアンドゥやキーボード呼び出し、接続解除を行う「サイドバー」を表示できる。また通常はMacのキーボードに搭載されるサブディスプレイ「Touch Bar」をiPadに表示することも可能だ。

サイドバーやTouch BarをiPad画面に表示することも可能だ

このSidecar、すでに仕事でバリバリ活用している。オフィスでの2画面環境として便利に使えているし、今後、出先で画面を見せるときにも活用できそうだ。

Sidecarは単なる2画面機能だけでも十分に便利なのだが、それだけにとどまらない。Illustratorなどの対応ソフトでペンタブレットのように使ったり、写真編集に使ったりなど、単なる2画面以外の活用方法も用意されている。

ただしこのSidecar、Skylake以降を搭載したMacと、Apple Pencil対応iPadのみをサポートしており、それ以前のモデルでは使用できないようだ(海外報道)。最近のMacBookとiPadでしか使えないのは残念だが、この素晴らしい使用感を体験してしまうと、古いMacやiPadをお使いの方に、買い換えをおすすめしたくなってしまうほどだ。

関連リンク

関連記事