メールがダウンロードできない問題なども

アップル、「iPadOS 13.3」提供開始。保護者管理機能強化、バグ修正も多数

編集部:風間雄介
2019年12月11日
アップルは、iPad向けのOS「iPadOS 13.3」を提供開始した。iOS 13.3と同様、バグ修正が多数行われている。

メールやメッセージでは、「メール」アプリで、新規メッセージをダウンロードできない場合があるバグ、Gmailアカウントでメッセージを削除できないバグ、Exchangeアカウントでメッセージに不正文字が表示されたり、送信メッセージが複製されたりする場合があるバグを修正した。

またスペースバーを長く押した後にカーソルが動かなくなる場合がある問題、「メッセージ」経由で送信されたスクリーンショットがぼやけて表示される場合がある問題、スクリーンショットを切り取ったりマークアップを使用すると「写真」に保存されない場合がある問題なども改善された。

さらにモバイルデータ通信設定が誤ってオフとして表示される場合がある問題、ボイスメモの録音をほかのオーディオアプリに共有できない場合がある問題なども修正が行われた。

新機能では、保護者による管理機能「スクリーンタイム」に、新機能を追加。児童が通話、FaceTime、メッセージできる相手を制限できるようにした。また保護者が児童の連絡先リストを使用し、児童のデバイスに表示される連絡先を管理できるようにした。

ほか、「写真」アプリでビデオをトリミングしているときに新しいビデオクリップの作成が可能になった。また、SafariにNFC、USB、LightningのFIDO2準拠のセキュリティキーへのサポートを追加。「電話」アプリの不在着信バッジが消えない場合がある問題にも対処した。

関連リンク

関連記事