「ホーム」アプリも機能強化

「iPadOS 13.2」提供開始。AirPodsでメッセージ読み上げ、70種類の絵文字追加

編集部:風間雄介
2019年10月29日
アップルは、iPad向けの新OS「iPadOS 13.2」を提供開始した。

iPadOSでは、AirPodsでの着信メッセージ読み上げ機能を導入。 「Siriで着信メッセージを読み上げ」によって、受け取ったメッセージを読み上げてAirPodsで聞くことが可能になった。また、新モデルの「AirPods Pro」にも対応した。

絵文字も70種類以上を追加。動物、食べ物、アクティビティ、新しいアクセシビリティの絵文字、性別のない絵文字が加わったほか、カップルの絵文字で肌色が選べるようになった。

「ホーム」アプリでは「HomeKitセキュアビデオ」を使用し、防犯カメラからのビデオを暗号化し非公開で収録、保存、および表示が行えるようになった。

そのほかバグ修正も多数行われており、他社製アプリでパスワードを自動入力できない場合がある問題、“検索”を使用するときにキーボードが表示されない場合がある問題、“メッセージ”で、通知を繰り返すオプションがオンになっていても通知が1回しか送信されない問題などを修正。

ほかにも、“メッセージ”に連絡先の名前ではなく電話番号が表示される場合がある問題、“連絡先”で連絡先のリストではなく前回開いた連絡先が表示される問題、マークアップした注釈が保存されない場合がある問題、保存したメモが一時的に消えてしまうことがある問題、“設定”の“今すぐバックアップを作成”をタップした後で、iCloudバックアップが正常に完了しない場合がある問題なども修正されている。

関連リンク

関連記事