多目的なモバイルスタジオに

アップル、LiDARセンサー/2カメラの新iPad Pro。トラックパッドにも初対応

編集部:風間雄介
2020年03月18日
Appleは本日、新iPad Proと、トラックパッド搭載の「Magic Keyboard」を発表した。記事執筆時点で、新iPad Proをオンラインで注文すると、3月25日に届くステータスとなっている。Magic Keyboardは5月に発売される予定。

新iPad Proは、これまでと同じく11インチと12.9インチの2サイズ構成。SoCにはA12Z Bionicチップを搭載。8コアGPUを搭載している。

新iPad ProとiPad Pro向けの新しいMagic Keyboard

Magic Keyboardを取り付けて斜めから見た状態

価格は11インチモデル/Wi-Fiの場合、128GBが84,800円、256GBが95,800円、512GBが117,800円、1TBが139,800円(すべて税抜、以下同)。

11インチでWi-Fi/セルラーモデルの場合、128GBが101,800円、256GBが112,800円、512GBが134,800円、1TBが156,800円となる。

12.9インチモデル/Wi-Fiの場合、128GBが104,800円、256GBが115,800円、512GBが137,800円、1TBが159,800円。

12.9インチでWi-Fi/セルラーモデルの場合、128GBが121,800円、256GBが132,800円、512GBが154,800円、1TBが176,800円となっている。

新iPad Proは、10メガピクセルの超広角カメラと12メガピクセルの広角カメラの2カメラ構成を採用している。

そのほか最先端の深度検知機能を提供するというLiDAR(Light Detection and Ranging)スキャナーを搭載。光を発して反射し、帰ってくるまでの時間を測定することで距離を正確に測定する。これによりAR機能を高めることができる。

2カメラとLiDARスキャナーを搭載

またマイクにも注力し、5つのスタジオ品質のマイクを搭載。これら撮影・録音機能の増強により、iPad Proが多目的なモバイルスタジオになる、と同社では説明している。

なお3月25日に提供されるiPadOS 13.4では、初めてiPadでトラックパッドをサポートする。テキストの作成や選択、スプレッドシートやプロワークフローでの作業などのタスクの精度を高めた。

トラックパッドを備えたMagic Keyboardの価格は、11インチ用が31,800円、12.9インチ用が37,800円(いずれも税抜)となる。1世代前の11インチ/12.9インチiPad Proでも使用できる。

画面の角度を自由に調整でき、横から見るとiPad Proが浮いて見える。USB-Cポートも備え、iPadを充電することも可能だ。キーストロークは1mmで、シザー構造となっている。

Magic Keyboardを装着すると、ディスプレイの角度は自由に調整できる

関連記事